育毛剤

プロペシアの薄毛改善効果と副作用の種類と発症率

フィナステリドの副作用

突然ですが、あなたはプロペシアの副作用を知っていますか?

プロペシアとは、薄毛治療専門のクリニックで処方されている飲む育毛剤です。

 

もし、あなたがプロペシアによる薄毛治療を検討しているのであれば、体に深刻な障害を及ぼす危険性があるため副作用のリスクを知ってから利用するかの判断をしてください。

 

ちなみに、プロペシアの副作用は軽いものだと湿疹やかゆみ、重篤な症状だと心臓や肝機能の低下を招く恐れがあります。

そして、プロペシアの副作用で最も有名なのがED(勃起不全)です。

続きを読む

大正製薬の育毛剤リアップの発毛効果と副作用

リアップX5の商品写真

 

大正製薬かは発売されている発毛剤「リアップ」の育毛・脱毛抑止効果と主成分ミノキシジルの副作用を紹介します。

リアップX5プラスとは

リアップX5プラスとは、大正製薬が製造・販売するAGA(男性型脱毛症)による抜け毛の進行抑制と、育毛・発毛効果のある男性用発毛剤で正式名称はリアップX5プラスローション(以下リアップX5プラスで表記)です。

大正製薬はリアップX5プラスを含む4種類のリアップシリーズと呼ばれる発毛剤を販売しています。

リアップX5プラスは、このリアップシリーズの中で最新の育毛剤で、シリーズの中で最も高い育毛・発毛効果があります。

また、リアップシリーズは厚生労働省より頭皮に塗布するタイプのAGA治療薬として日本で唯一認可を得た発毛剤です。 続きを読む

プロペシア錠の価格とジェネリック薬品一覧

プロペシアは万有製薬(現MSD社)が製造開発する薄毛の改善を目的とするAGA治療薬です。

 

厚生労働省より医薬品に位置づけられているため基本的にはクリニックで医師による処方が必要です。

一部例外として、海外から個人輸入を専門とする通販サイトから格安で購入可能です。

 

また、プロペシアは発売から一定期間が経過し、フィナステリドを有効成分とした薬の特許が満了したためファイザー沢井製薬などから数多くのジェネリックが販売されています。

 

今回はこの万有製薬製のプロペシアと、フィナステリドのジェネリックの一覧と価格を紹介します。

万有製薬製(MSD社)プロペシア錠の価格

万有製薬をはじめプロペシア錠などのフィナステリドを有効成分としたAGA治療薬の入手は薄毛専門クリニックで処方してもらわなければなりません。

 

しかし、海外では一般医薬品としてプロペシアは流通しているため個人輸入を専門とする通販サイトからも購入できます。

 

つまりプロペシアは以下のふたつの方法で入手できます。

  • クリニックでの処方価格
  •  通販サイトでの購入価格

 

これら入手方法別の購入価格を紹介します。

 

クリニックでの処方価格

クリニックでプロペシアを処方してもうらうには医師による診察とAGAの症状と認められなければなりません。

プロペシアを手に入れるには「初診費用」「プロペシアの購入費用」が必要となります。

 

以下はクリニックの初期費用と1月分のプロペシアの価格表です。

クリニック 初診料 プロペシア価格
AGAスキンクリニック 5,000円 7,000円
銀座クリニック 3,240円 7,560円
ヘアメディカル 5,000円 6,500円
新宿AGAクリニック 5,000円 7,000円
ゴリラクリニック 無料 9,000円

 

初診料とプロペシアの購入費用を合わせて1万円前後が相場です。

 

通販サイトでの購入価格

プロペシアは個人輸入の代行を専門とする通販サイトオオサカ堂で購入できます。

同じプロペシアでも製造国と販売市場によって価格が異なります。

以下はオオサカ堂のプロペシア1mg(28錠)1箱の販売価格一覧です。(2016年12月調べ)

 

製造国 販売価格
アメリカ版 5,348円
ニュージーランド版 10,580円
オーストラリア版 4,457円

アメリカ版はタイ市場などで主に販売されており価格も安く最も人気があります。

 

プロペシアのジェネリック一覧と価格

個人輸入専門の通販サイト「オオサカ堂」で販売されているプロペシアのジェネリックの一覧と価格を紹介します。

薬名 製造元 販売価格
フィンペシア シプラ社 2,127円
エフペシア シプラ社 2,999円
フィナロ Intas Pharmaceuticals Ltd社 1,627円
フィナバルド East West Pharma 2,011円
ハリフィン T. O. Chemicals 2,825円

 

プロペシアのジェネリックは2,000円前後が相場です。

 

プロペシアのジェネリックはインドが最も生産量が多く開発販売をしています。シプラ社はインド第2位の製薬会社で2種類ものジェネリックを発売しています。

 

また、どのジェネリックもフィナステリドを主成分としているため基本的にプロペシアと同様の効果が得られます。

 

ジェネリックのデメリットと危険性

プロペシアの価格と比べてジェネリックは低価格で購入しやすく、病院でも推奨する風潮がありますがジェネリックは危険性も兼ね備えています

 

ジェネリックは成分は同じプロペシアで製造されていますが、添加物がプロペシアと異なります。

これは「薬剤特許」が満了していないと同じ添加物やコーティング剤が使えないためです。

添加物が変わると体内での薬の溶けだすスピードが変わり、効き目が強すぎたり、逆にまったく効果がない場合があります

 

また、ジェネリックは十分な臨床試験を行わないません。

プロペシアは数年以上も臨床試験を行い安全性と薄毛の改善効果を検証していますがジェネリックは行っていません。

つまりジェネリックは安全性が立証されていないとゆうことです

 

副作用が起こる可能性が高いデメリットも含んでおり、現在の製薬に関する制度ではジェネリックは信用できないためおすすめできません。

 

プロペシアの薄毛改善効果

プロペシアはAGAの原因物質となる「ジドロテストステロン」の発生を抑制する効果があります。

ジヒドロテストステロンは体内で男性ホルモン(テストステロン)が5α-リダクターゼと呼ばれる酵素の働きにより生成されます。

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドは5α-リダクターゼの働きを阻害してジヒドロテストステロンの発生を抑制します。

これにより脱毛症の原因成分が体内で発生されなくなり薄毛の進行を止めることができます。

プロペシアの副作用

プロペシアは前立腺肥大の薬がもとになって作られた薄毛治療薬です。

これまで副作用として以下の症状が報告されています。

  • 性欲減退・・・1.1%
  • ED・・・0.7%

プロペシアとミノキシジル育毛剤の併用による発毛効果

あなたは薄毛や抜け毛の治療と聞くと何を想像しますか?

  • AGAクリニックで診療して治療する
  • 自毛植毛手術を受ける
  • 薬局や通販で育毛剤を買う

などがパッと思いつくのではないでしょうか。

このなかで最も薄毛の改善効果が高いと言われているのはAGAクリニックで処方されているプロペシアとミノキシジルの併用による治療です。

続きを読む

プロペシアが効かない4つの薄毛の種類

プロペシアが効かない人の特徴

プロペシアは飲むタイプの育毛剤です。

AGAクリニックなど薄毛の治療・改善を専門とした病院でも処方されています。

プロペシアがAGAクリニックで病院で処方されている理由は「薄毛の改善効果が高い」からです。

以下は販売元であるMSD社がAGA(男性脱毛症)患者に対してプロペシアを1年間の臨床試験を行い薄毛の改善率を調査した結果です。

プロペシアの発毛データ

出典:<国内データ 1年>臨床成績|5α還元酵素阻害薬 プロペシア®|MSD

 

<臨床試験の結果>

薄毛の改善効果あり・・・54%~58%

薄毛が進行しなかった・・・40%~41%

効かなかった人・・・2%~5%

 

AGAは進行性の病気で治療をしないと薄毛が進んでいきます。

そのため臨床試験で「薄毛が進行しなかった人」はプロペシアにより抜け毛を食い止められた=効果があったと判断できます。

「薄毛の改善効果あり」と「薄毛が進行しなかった」人の割合を合計するとプロペシアを服用した人の95%~98%の人が薄毛の改善効果があったと判断できます。

 

今回は、プロペシアが効かなかった2%~5%にあたる人の特徴や理由について詳しく紹介します!

プロペシアが利かない薄毛の種類

プロペシアはAGAの治療を専門とした飲むタイプの育毛剤です。

それAGA以外の薄毛の人にはいくらプロペシアを飲んでも効き目はありません

AGA以外の薄毛は以下の種類があります。

円形脱毛症
強いストレスを受けて頭皮の一部分がいっきに抜けてしまう脱毛症
薬剤による脱毛症
副作用として脱毛症状を引き起こす薬を服用している場合の薄毛
脂漏性皮膚炎による脱毛症
頭皮の油が分泌過多とになり、それが原因で肌の炎症を引き起こし毛が抜ける症状
抜毛症
過度なストレスにより自己のコントロールができなくなり自分で髪の毛をむしり取ってしまう脱毛症

プロペシアが効かない薄毛のタイプ

AGAでも薄毛の原因によってはプロペシアが効かない人がいます。プロペシアが効かない人を説明するために、薄毛の原因について説明をします。

 

まず、薄毛の原因は5αリダクターゼと呼ばれる体内に存在する酵素の働きによるものです。

5αリダクターゼは1型と2型が存在し、薄毛の人の多くは2型5αリダクターゼの働きにより抜け毛が進みます。

 

そしてプロペシアは多くの人が薄毛の原因とする2型5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。

逆に1型5αリダクターゼによる薄毛患者に対しては効き目が全くありません。

 

しかしプロペシアの臨床試験でもわかるように1型5αリダクターゼを原因とした薄毛の人は全体の数%程度です。

まずはプロペシアによる治療を半年行い効果を確認し、薄毛の症状が進むようであればAGAクリニックで医師に相談して適切な治療を行うことをおすすめします。

まとめ

プロペシアは多くの人に対して薄毛の改善効果が期待できる育毛剤です。

しかしプロペシアが効かない人も100人中2人~5人程度います。

この人たちは薄毛の原因となる酵素が他の人たちと異なるなり、プロペシアの有効範囲外であるため育毛効果が得られません。

そういった場合には別の薬を医師から処方してもらい治療をしましょう!

通販サイトでプロペシアを個人輸入する危険性と副作用

突然ですが、あなたはプロペシアをどのような方法で購入しようとしていますか?

プロペシアは以下のふたつの方法で入手できます。

  • AGA治療専門クリニックで処方してもらう
  • 個人輸入専門の通販サイトから購入する

 

MSD社(旧:万有製薬)が製造する本家プロペシアは飲む薄毛治療薬として2005年10月に厚生労働省より医薬品として認可がおりています。

そのためプロペシアは通販やドラッグストアで取り扱うことができず、医師による処方でしか入手できないのです。

 

しかし海外でプロペシアは一般医薬品として扱われており医師の処方なしで購入できます。

個人輸入の代行サービスを専門とするオオサカ堂アイドラッグストアーといった通販サイトを利用するとプロペシアは医師の処方なしに購入できてしまうのです・・!

 

なぜ、個人輸入通販サイトでプロペシアを購入するメリットは以下のふたつがあげられます。

  • クリニックで診察を受ける時間と手間が省ける
  • クリニックと比べて安い価格で購入できる

このようにクリニックに行くのが面倒な人や安くプロペシアを手に入れたい人が個人輸入を利用してます。

ちなみにプロペシアはクリニックで処方してもらうと診察料がかかるため10,000円程が相場で、個人輸入だと4,200円程と5,000円近くも安く購入できます。

 

安くて面倒が省ける個人輸入ですがメリットばかりではありません!

 

当ページでは、個人輸入によるデメリットや危険性を紹介します。

今後あなたがどのようにして薄毛の治療を行っていくのか参考にしてください。

 

プロペシアを個人輸入で購入する危険性

薄毛の症状を自己診断してプロペシアを個で人輸入する場合、以下の3つの危険性を理解したうえで服用しましょう。

  • プロペシアの偽物を購入する危険性
  • プロペシアが効かない脱毛症だった場合
  • 副作用や後遺症を発症した際に保証が受けられない

厚生労働省からもプロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起についての記載がある程です。

それではこれらの危険性について詳しく紹介します。

 

プロペシアは偽物が存在する

恐ろしいことにプロペシアは購入者が多く儲かるため偽物が流通しています。

プロペシアの偽物は以下の特徴があります。

  • 有効成分フィナステリドが含まれていない
  • フィナステリドが過剰に含まれている
  • 不純物や害のある成分が含まれている

薄毛治療の有効成分であるフィナステリドが含まれていない偽物のプロペシアはいくら飲んでも効かないです。

逆にフィナステリドが過剰に含まれていると副作用を引き起こすリスクが高まります。

プロペシアの副作用は精力減退やEDで使用者の2割程度が発症しています。

 

また、偽物の薬は劣悪な衛生環境のもと生成されている場合が多く、不純物が混入していたり最悪の場合には体に害のある成分が含まれています。

 

偽物のプロペシアを扱っている個人輸入の代行サイトには本物と同じように「審査機関の承認」「成分の鑑定書」などを捏造し記載しています。

ネットだけでは本物と偽物を区別することはできません。

 

個人輸入を行う場合は冒頭で紹介したような知名度の高く信頼性の高い個人輸入専門の通販サイトから購入しましょう。

 

プロペシアでは治らない薄毛には改善効果がない

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬でそれ以外の脱毛症には効き目がありません。

つまり、AGAではない人が自己診断でAGAと勘違いをしてプロペシアを飲んだところで薄毛は改善できません。

AGA以外の薄毛は以下の種類があります。

  • 円形脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 牽引性脱毛症
  • 薬剤による脱毛症
  • 精神疾患による脱毛症

AGAと似た薄毛になる脱毛症もあるため素人判断では勘違いをしてしまうことがあります。

クリニックでは血液検査などを行いAGAを発症しているか判断をしたうえでプロペシアが処方されるためこのようなことはおきません。

自分には効かない間違った薬を服用してしまうのは、個人輸入による薄毛治療特有の危険性です。

 

副作用や後遺症を発症しても保証が受けられない

プロペシアはホルモンに対して作用する薄毛の治療薬で副作用が確認されています。

しかし、プロペシアを個人輸入をして服用した場合、副作用や後遺症を発症しても保証が受けられません。

 

例えば、フィナステリドが過剰に含まれているプロペシアを服用し続けた結果、深刻な勃起不全に陥ってしまっても、通販サイトや製造元から保証は受けられません。

※個人輸入は自己責任のもと服用することを承諾したうえで購入するため

 

クリニックであれば個人の体質に合わせて最適な育毛剤が処方されるため、後遺症のリスクが低く、万一副作用や体調不良になってもすぐに相談ができ適切な処置が行えます。

 

このようにプロペシアの個人輸入は価格的なメリットは得られますが、品質や体に対して多くの危険性があります。

また、プロペシアのジェネリックも同様のことが言えます。

 

脅すつもりはありませんが、それだけはしっかりと理解したうえで判断をしてください。

AGA治療薬プロペシア錠の薄毛効果と副作用

当ページではプロペシアの効果効能をはじめ副作用や医師以外での処方方法、併用することでより高い育毛効果が得られる育毛剤の紹介をします。

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)治療専門の病院で処方されている錠剤タイプの飲む育毛剤です。
主な効果は抜け毛の進行抑制です。

それに加えて、プロペシアで脱毛の基が解消されることで毛髪環境が健康な状態に戻すことで髪の毛が生えてきます。

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療に対して非常に高い効果が数多くの臨床実験や使用者の声から証明されています。
特に抜け毛が進行している人に対しては、プロペシアが効かなかったらお手上げという位の薄毛治療の特効薬として利用されています。

このようにプロペシアはAGAに対して非常に高い治療効果がある一方で副作用も報告されています。

プロペシアとは

プロペシアを服用する人の写真

プロペシアとは、MSD株式会社(旧:万有製薬)が製造・販売する服用タイプの錠剤です。
日本国内では厚生労働省が唯一認めた服用タイプのAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

<AGA(男性型脱毛症)とは>

男性型脱毛症(だんせいがただつもうしょう、androgenetic alopecia、androgenic alopecia、alopecia androgenitica、AGA)は、思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことである。(訳注:「andorogenetic alopecia」は字義通りに訳せば「男性ホルモン型脱毛症」となる。「男性型脱毛症」という訳はむしろ「male-pattern baldness」に近いが、日本での通例としてこの訳を用いた)AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなる。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となる。

出典:Wikipedia:男性型脱毛症

 

AGA(男性型脱毛症)とは、額の生え際と頭頂部の毛が薄くなる症状で早い人では20歳から発症します。
男性で薄毛の人の多くがこのAGAによるもので、成人男性のうち3人に1人が発症すると言われています。

薄毛治療に対してのプロペシアの有効成分

プロペシアにはフィナステリド(finasteride)と呼ばれる物質が含まれており、このフィナステリドが脱毛を予防する有効成分として作用します。

フィナステリドは1983年にアメリカで合成され、前立腺肥大の治療薬プロスカ―として1992年にアメリカのFDA(商品医薬品局:日本の厚生労働省にあたる機関)に認可されました。

ガン治療薬から風邪薬、育毛剤に至るまで、全ての薬は国からの認可が得られなければ販売することも治療薬として流通させることも出来ません。

臨床試験を繰り返し行い効果効能の立証と、人体への安全性が認められなければ国から治療薬としての認可は得られません。

フィナステリドはアメリカで開発され、もともとは前立腺肥大の治療薬として国からの認可を得るための臨床試験の過程で発毛効果が発見され、薄毛治療薬としてアメリカで販売が開始されました。
ちなみに日本でのフィナステリドの認可は臨床試験の開始が遅かったことが原因で2005年の10月に厚生労働省より男性型脱毛症の治療薬として認可されました。

プロペシアの効果・効能

AGAは進行性の症状であるため、何も治療を行うことなく放っておくと3年目から加速度的に髪が抜け始めます。

AGAの進行スピードと抜け毛の量を示したグラフ

出典:aga-news.jp

 

髪が抜け落ち、いわゆる禿げとなった状態で放置しておくと毛穴がなくなり2度と髪が生えてこなくなります。
プロペシアの効果は男性脱毛症の進行の抑制して特効薬的に症状の悪化を防ぐとこができます。

それではまず、プロペシアの有効成分であるフィナステリドのアメリカ・日本での臨床試験データを紹介します。

プロペシアを1年間服用した発毛効果

臨床試験による発毛データ

 

プロペシアの臨床試験は、厚生労働省からの認可を得た1ミリグラム錠と0.2ミリグラム錠の2種を盲目比較試験により行われました。

盲目比較試験とは被験者を3つのグループに分け、1つのグループにはプロペシアの1ミリグラム錠、もう1つのグループにはプロペシアの0.2ミリグラム錠を服用させ、残りのグループには薬と偽ってビタミン剤を与えます。

被験者は軽度あるいは中程度の男性型脱毛症の患者で1日1錠、1年間飲み続けた3つのグループの発毛状況を比較して効果・効能を測定したものです。
以下は一年後の薄毛の改善効果をグラフにしたものです。

プロペシア錠の0.1mと2mを服用した際の発毛効果

出典:msdconnect.jp

 

プロペシアの0.2ミリグラム錠を1年間飲み続けた人の54%、1ミリグラム錠では58%の人に薄毛の改善効果がありました。

1年前と薄毛の進行状況に変わりがなかった人が0.2ミリグラム錠では41%、1ミリグラム錠では40%でした。

薄毛が進行した人は0.2ミリグラム錠では5%、1ミリグラム錠では2%の結果となりました。

 

以上のことからプロペシアにはAGA(男性型脱毛症)の進行を抑え、毛髪を増やす効果があることが立証されました。

加えて、0.2ミリグラム錠と1ミリグラム錠の効果の差があまり見られないことが臨床試験を通して分かりました。

薄毛の改善効果が見られ始めた時期は服用後6カ月から1年後でした。

 

また、偽薬で改善効果が見られた理由は、たとえビタミン剤でも育毛効果があると言われて医師から処方されると、服用者が絶対に効くと思い込むことで言われた効果が出てしまうプラセボあるいはプラシーボ効果によるものです。

プロペシアを3年服用時の発毛効果

日本国内にてMSD株式会社(旧:万有製薬)にて実施されたプロペシア1ミリグラム錠を3年服用した臨床試験の結果を紹介します。

プロペシアを3年服用した際の発毛効果

出典:msdconnect.jp

 

プロペシアの1ミリグラム錠を1年間飲み続けた場合では58%の人が薄毛の改善がみられ、40%の人がAGAの進行を抑えることができています。

プロペシアの服用2年目には、薄毛の改善が見られた人が68%になり、1年目の結果から10%増加する結果となりました。

プロペシアの服用3年目には、薄毛の改善が見られた人が78%になり、1年目の結果と比較すると20%増、2年目との比較では10%する結果となりました。AGAは進行性の症状であるため、維持した人を含めると98%の人がAGAの進行を抑えることに成功していました。

 

また、プロペシアはM字(生え際)、頭頂部のどちらにも有効であることが臨床試験時における写真評価にて確認することができます。

 

<頭頂部の服用後3年目の写真>

頭頂部がハゲた人が3年プロペシアを使用した際の発毛写真

出典:msdconnect.jp

 

<額の生え際(M字禿げ)服用後3年目の写真>

M字ハゲの人が3年プロペシアを服用した際の初も写真

出典:msdconnect.jp

プロペシアを5年服用後の発毛効果

続いて、海外にてプロペシア1ミリグラム錠を5年服用した臨床試験の結果を紹介します。

プロペシアを5年服用すると90%の人が発毛したデータを示した円グラフ

出典:msdconnect.jp

 

緑の線はプロペシア1ミリグラム錠を5年間服用した毛髪数の増加数で、赤の線は薄毛治療を何も行わなかった人の毛髪の量を示した数値です。

 

薄毛の治療を何も行わなかったAGA患者は3年目を境に急激に抜け毛の量が増加し5年目には更に毛髪が抜けていくことが予測できる推移を示しています。

一方、プロペシアを5年間飲み続けた人は服用を開始する前より多くの髪の毛を保っていることがわかります。

臨床結果5年の結果として、プロペシアは男性脱毛症の服用患者のうち90%の患者で抜け毛の進行抑制あるいは改善効果が認められました。

それではプロペシアがもたらす抜け毛の進行抑制と改善効果を以下にて紹介します。

 

プロペシアのAGA治療効果

プロペシアがAGAを抑制する効果を理解するには、まずAGAの原因を知る必要があるため簡単に説明します。

AGAの原因となる成分

AGAの原因となる成分は「男性ホルモン」です。

男性ホルモンとは、精巣(睾丸)から分泌されるテストステロンやアンドロステロンなど複数の成分のひとまとめにした総称です。

AGAの原因は筋肉を作るもととなる男性ホルモンの影響

男性ホルモンは内面・外面ともに主に男らしさとなる身体の機能の発達を促す働きをします。

<男性ホルモンの主な働き>

  • 性欲の増進
  • 精子の形成
  • 筋肉の維持と増加
  • 活力・モチベーションの高揚
  • 動脈硬化の防止

男性ホルモンは10代の後半から急激に分泌されるようになります。

 

目に見える作用としては、子供のころに産毛(軟毛)だった髭や胸毛、陰毛などが大人になると硬毛化するのは男性ホルモンの分泌が増加したことが原因になります。

AGAは早い人では20代の前半から発症するのもこのためです。

 

そして、男性ホルモンの成分のひとつ「テストステロン」がAGA(男性型脱毛症)を発症の原因となる成分です。続いては、このテストステロンが頭髪に与える影響を説明します。

テストステロンの作用

テストステロンの化学式

出典:wikipedia.org

 

以下はテストステロンが作用することにより脱毛を引き起こすメカニズムを日本皮膚科学会が説明した文章です。

 

<日本皮膚科学会によるテストステロンの作用の説明>

前頭部や頭頂部などの男性ホルモン感受性毛包においては逆に軟毛化現象を引き起こす。 男性ホルモン感受性毛包の毛乳頭細胞には男性ホルモン受容体が存在するが,髭や前頭部,頭頂部の毛乳頭細胞に運ばれたテストステロンはⅡ型 5α-リダクターゼの働きにより,さらに活性が高いジヒドロテストステロン(DHT)に変換されて受容体に結合する。DHT の結合した男性ホルモン受容体は髭では細胞成長因子などを誘導し成長期が延長する。 逆に前頭部や頭頂部の男性ホルモン感受性毛包においては,DHT の結合した男性ホルモン受容体は TGF-β などを誘導し毛母細胞の増殖が抑制され成長期が短縮することが報告されている。

出典:dermatol.or.jpより

 

この文章を噛み砕いた形で説明すると、毛髪は毛乳頭細胞が細胞分裂を繰り返すことにより毛が伸びます。

毛乳頭細胞の細胞分裂は、成長因子と呼ばれる細胞分裂を促す指令がなければ行われません。身体から「毛母細胞よ、細胞分裂をしなさい!」と命令が下されることで毛乳頭細胞は細胞分裂をします。

髪が生えている人は、このような働きがあり毛髪が成長しています。

 

一方のAGA患者の場合では、精巣で分泌されたテストステロンは血液を巡り毛乳頭細胞にたどり着いた際に、「Ⅱ型 5α-リダクターゼ」と呼ばれる酵素と結びつき「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる成分に変化します。

ジヒドロテストステロン(DHT)は毛乳頭細胞へ送られていた成長因子を止め、毛乳頭細胞に対して細胞分裂を抑制させアポトーシスと呼ばれる細胞の死を促す指示を送ります。

ジヒドロテストステロンの働きにより、毛髪は次第に細くなり抜け落ち最終的には禿げていきます。

プロペシアの効果

AGAは、テストステロンがⅡ型 5α-リダクターゼによってジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、毛乳頭細胞の細胞分裂を抑制し、細胞を死に促すことが原因と前項で説明しました。

 

プロペシアは、Ⅱ型 5α-リダクターゼの作用を妨げる効果があります。

テストステロンが毛乳頭細胞に入ってきた際に、Ⅱ型 5α-リダクターゼの働きを抑えることでジヒドロテストステロンの産出を抑止します。

プロペシアはAGAの根本的な原因となるホルモンの働きを抑えることで脱毛作用を食い止める効果が得られます。

プロペシアだけで髪は生えるのか?

プロペシアは、脱毛の進行を抑えるAGA治療薬であるため発毛効果はありません。

しかし、プロペシアのみによる治療でも髪が生えた人が多くいます。

 

これはプロペシアを服用することで髪の成長を止める働きをするジヒドロテストステロンの生産が抑制され、健康な頭皮環境の人と同様に毛乳頭細胞の細胞分裂を促す成長因子が出されるようになったためです。

結論としてプロペシアだけでも髪は十分生えます

ミノキシジルとの併用で高い発毛効果が得られる

プロペシアはAGAの進行を抑制し抜け毛を防ぐ効果があります。

しかし、発毛を促進させる成分はプロペシアに配合されていないため抜け毛を止めて、自然発毛で髪が生えてくるのを待たなければなりません。

 

高い育毛効果を求めるのであれば発毛促進効果のあるミノキシジルを併用がおすすめです。

どちらの治療薬とも日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインで推奨度A(行うよう強く勧められる)の最も高い発毛効果があると位置づけられています。

 

<男性型脱毛症診療ガイドライン>

ClinicalQuestion 推奨度
男性型脱毛症にミノキシジルは有効か?
男性の男性型脱毛症
A
男性型脱毛症にフィナステリド内服(プロペシア)は有効か? A

出典:dermatol.or.jp

 

ミノキシジルとプロペシアは互いの影響範囲が異なるため併用することができます。

また、AGAクリニックの現状の利用法では「塗り薬のミノキシジル」と「飲み薬のプロペシア」の併用が大生型脱毛症の中心的な治療方法として行われています。

 

ミノキシジルは毛乳頭細胞の細胞分裂を促進させる成長因子を生産し発毛を促します。

ミノキシジルについては以下にて詳しく紹介しています。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用に悩む人の写真

続いてプロペシアの副作用について紹介します。

以下は、MSD株式会社(旧:万有製薬)によって実施されたプロペシアの臨床試験データです。

 

<プロペシア錠服用1年目の副作用発生率>

治療薬の種別 副作用の発症率
プロペシア錠1ミリグラム 5%
プロペシア錠0.2ミリグラム 1.5%

 

1年間のプロペシアの副作用の発症率調査ではプロペシア錠1ミリグラムでは5%、プロペシア錠0.2ミリグラムでは1.5%でした。

薄毛治療2年目以降のプロペシアの副作用発症率も調査しておりプロペシア錠1ミリグラムでは1.6%、プロペシア錠0.2ミリグラムでは0%の結果が得られました。

 

また、4年間に及ぶ臨床試験で276例中11例(4%)の副作用が薄毛患者から以下の症状が報告されています。

 

<プロペシアの服用による主な副作用の症状>

副作用の症状 発症率
性欲減退 1.1%
ED(勃起不全) 0.7%
その他症状 2.2%

 

プロペシアは前立腺に対して作用するため「性欲減退」や「ED(勃起不全)」が主な副作用となります。

ただ、症例としては非常に確立が少ないため、余計な心配をするあまりEDになってしまう、いわゆるプラシーボ効果もこの数字に含まれているため実際にはもう少し低い数値であると考えられます。

 

また、海外で報告されているプロペシアの服用による因果関係が確認されていない症状を含めると以下が症状の一覧になります。

 

種類 発症率不明※1 発症率1%~5%未満 発症率1%未満
過敏症 瘙痒症、蕁麻疹、

発疹、血管浮腫

(口唇、舌、咽

喉及び顔面腫脹

を含む)

生殖器 睾丸痛、男性不

妊症・精液の質

低下(精子濃度

減少、無精子

症、精子運動性

低下、精子形態

異常等)※注2

精力減退 射精障害

精液量減少

肝臓 AST(GOT)上

昇、ALT(GPT)

上昇、γ-GTP上

その他 乳房圧痛、乳房

肥大、抑うつ症

状、めまい

※注1:自発報告あるいは海外にて認められている根拠は不明瞭な項目。

※注2:本剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。

出典:msdconnect.jp

プロペシアを服用できない人

プロペシアの禁忌

以下に該当する方はプロペシアが服用できませんので治療前に確認しましょう。

 

<プロペシアが服用できない人>

  • AGA(男性型脱毛症)以外の薄毛患者の服用
  • 成人男性以外の服用
  • 女性の服用
  • 献血を予定している人
  • 肝機能障害のある人
  • 前立腺がんの診察を受ける予定のある人

 

AGA(男性型脱毛症)以外の薄毛患者の服用

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)患者に対して効果のある薄毛治療薬です。

それ以外の脱毛症に対して治療効果はありません。

 

<プロペシアによる治療ができない脱毛症>

  • 円形脱毛症(突発的にできる10円玉ほどの禿げ)
  • 牽引性脱毛症(ポニーテールなど髪を縛ることでの禿げ)
  • 粃糠性脱毛症(フケにより頭皮が炎症しての禿げ)
  • 脂漏性脱毛症(皮脂の過剰分泌による禿げ)
  • 老人性脱毛症(加齢による禿げ)
  • びまん性脱毛症(女性の男性型脱毛症)
  • 分娩後脱毛症(出産後のホルモンバランスの乱れによる禿げ)
  • 薬剤による脱毛症(抗がん剤などの副作用による禿げ)

 

各脱毛症に対して、それぞれの薬があるため適切な治療を行いましょう。

 

成人男性以外の服用

20歳未満を対象にした臨床実験はこれまで行われていないため安全性が認められていないため服用はできません。

また、AGAは20代前半からの発症するため10代では掛かかりません。

 

女性の服用

女性の服用はプロペシアの禁忌とされています。

特に妊娠中、妊娠している可能性がある方は服用はおろか皮膚からの成分吸収をさけるためプロペシアの錠剤を触ることもNGです。

 

なぜならプロペシアは男性ホルモンに対して作用するため、身体を形成中の胎児に対して悪影響を及ぼす可能性が高く、生殖器官等に異常をきたす恐れがあるため絶対に服用しないでください。

献血を予定している人

プロペシアを服用中の方は血中に成分が溶けているため献血は行わないでください。

献血した血液がプロペシアの服用ができない方に輸血されてしまうことを防ぐため最後に服用してから数カ月は献血を控えてください。

 

肝機能障害のある人

プロペシアは肝臓で分解・代謝をする成分の薬です。 分解時に肝臓に負担がかかるため肝機能に障害を抱えている方は服用を控えましょう。

どうしても治療をしたい場合は医師への相談・指導を仰いでください。

 

前立腺がんの診察を受ける予定のある人

プロペシアは前立腺がんの検査においてPSAと呼ばれる測定項目の値に影響を及ぼします。

服用中の人でも検査自体は受けることができるため、事前に医師へ申告した後に診断を受けるようにしてください。

 

プロペシアの注意点

プロペシアを服用してAGA治療する際の注意点を紹介します。

<プロペシア服用の注意点>

  • 1日1錠の服用
  • 効果の検証期間は6か月
  • 錠剤を割らない

1日1錠の服用

プロペシアは1日1錠を毎日続けて服用してください。 適切な用法・容量にて6カ月続けることで薄毛の改善効果を得られることができますので必ず守ってください。

効果の検証期間は6か月

プロペシアを6カ月以上服用しても抜けての進行が収まらない場合は、男性ホルモンを原因とした脱毛症でない可能性が高いため使用を中止してください。 その後、医師に相談・脱毛の原因を診察してもらい適切な治療法に切り替えましょう。。

錠剤を割らない

プロペシアは妊娠中の女性の体内にいる胎児へ悪影響を及ぼす可能性があります。 誤って妊婦が錠剤の破片に触れてしまうと皮膚から成分が吸収してしまうため錠剤は割らないようにしてください。

プロシアの購入方法

プロペシアは2種類の方法で購入することができます。

AGA治療専門の病院で処方

AGAクリニック

病院でプロペシアを処方してもらうには、「脱毛症外来」のあるAGAクリニックや薄毛の治療の診察をしている皮膚科などで診察を受ける必要があります。

<脱毛外来病院での診察の主な流れ>

  1. 受付
  2. 問診票に記入
  3. 医師による問診
  4. 頭皮のチェック
  5. カウンセリング
  6. 頭部の写真撮影
  7. 血液検査
  8. プロペシアの処方

脱毛外来の初診では、問診や頭皮のチェックによる男性型脱毛症であるかの確認をはじめ、数か月後に治療の成果を確認するために頭部の写真撮影や薬による体への影響を確認するため血液検査など行った後に20歳以上であれば薬が処方されます。

おすすめのAGAクリニックは東京のAGA治療院のおすすめ10選にて紹介しています。

AGA専門病院で治療するメリット

AGA専門病院で薄毛の治療をするメリットは身体と髪の状態に合わせて薬が処方してもらえることで、安心して治療に専念できることです。

AGA専門病院で治療するデメリット

プロペシアは生活(QOL)改善薬として位置づけられており健康保険が適用されません。

診察、薬代ともに全額自己負担の診療となるため通販でプロペシアを購入する費用と比較すると費用に大きな開きがあります。

 

初めての診察では、病院により異なりますが薬代と初診料込みで1~3万円程度が目安です。 また、時間も1~2時間程度の時間をみておく必要があります。

<生活(QOL)改善薬とは>

生命に危険を及ぼすような病気ではなく、日常生活で気になる症状や体調を改善することにより、その人の生活の質(QOL)を改善し快適に過ごすために用いられる医薬品。勃起機能不全治療薬(バイアグラ)、禁煙補助薬(禁煙パッチ、禁煙ガム)経口避妊薬(低用量ピル)、食欲抑制剤、睡眠改善薬(睡眠薬)、抜け毛防止薬・発毛剤(リアップ)、などがあり、対象となる疾患には、病院に行かない潜在患者がかなりいると思われる。厚生労働省の審査による承認を経るという点では従来の医療用医薬品と同じである。禁煙パッチは制限付きで保険適用になっているが、その他のものは医療保険の適用対象にはなっていない。処方箋が必要な場合でも原則として診療費、薬剤費は全額患者負担となる。

出典:日本薬学会pharm.or.jp

通販サイトで購入

通販サイトでの購入

プロペシアは日本国内では「医師処方薬」といって医師の処方なしでは購入できません。

当然、国内の薬通販サイトケンコーコムアなどでも取り扱いできない商品となります。

 

しかし、プロペシアはアメリカで開発・販売された薄毛治療薬であるため、海外の商品を個人輸入できる通販サイトから購入できます。

海外の通販サイトからの直接の購入は言葉の壁もさることながら偽物を購入させられる危険性があります。

これらは日本の会社が運営している個人輸入を代行する通販サイトを利用することで面倒な関税の計算をすることもなく、正規の商品を国内の通販サイトと同じ感覚で簡単に購入することができます。

おすすめの個人輸入代行サイトはオオサカ堂

おすすめの個人輸入代行サイトはオオサカ堂です。 オオサカ堂は商品の取り扱い点数も多く、ネット通販の個人輸入代行業者として老舗の会社です。

海外からの輸入にも関わらず全国送料無料で、注文後すぐに商品の手配をするため最短3日で商品が到着します。

 

<オオサカ堂の主な取り扱い商品>

  • 育毛剤(プロペシア、ミノキシジルなど)
  • ED治療薬
  • 避妊薬(ピル)
  • ダイエットフード
  • アンチエイジング
  • 漢方
  • 雑貨 など

通販サイトのメリット

通販サイトでプロペシアを購入するメリットは何といっても値段の安さです。 治療費は薬の購入費用のみとなるため4分の1程度の費用で育毛対策ができます。

通販サイトのデメリット

通販サイトのデメリットは、薬を医者から処方されていないため自己責任での治療となります。 海外で実績のある薬・成分を選ぶ必要があります。

それではオオサカ堂で購入できるプロペシア錠の商品一覧を以下にて一覧で紹介いたします。

 

プロペシアなどフィナステリドを主成分とした薬の紹介

プロペアを主成分とする薬

プロペシアはMSD株式会社が販売・製造をするAGA治療薬の名前です。

プロペシアに含まれる「フィナステリド」が薄毛治療に対して効果のある成分です。

 

このフィナステリドはMSD株式会社が特許を取得していましたが期間が満了したため、他社でもフィナステリドを主成分とした治療薬、いわゆるジェネリックの販売が解禁されました。

 

<ジェネリック医薬品とは>

後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認され、一般的に研究開発に要する費用が低く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。後発医薬品を普及させることは、患者負担の軽減や医療保険財政の改善に資するものです。

出典:mhlw.go.jp

 

薬は開発から公的機関にから認可を得るまで数百億の費用が必要となります。

ジェネリックはすでに認可を得ている成分を利用するので開発費用が掛からず安い値段で販売することができます。

 

フィナステリドを主成分としたAGA治療薬は、現在では数多くの商品が販売されており安価で購入ができます。

オオサカ堂で取り扱いをしている、プロペシアを含めたジェネリックを一覧にて紹介します。

 

<有効成分フィナステリドを含む医薬品>

商品名 メーカー フィナステリド含有量 価格 1錠の価格 内容量
フィンペシア Cipla 1mg ¥2,934 ¥29 100錠
エフペシア Cipla 1mg ¥3,162 ¥32 100錠
ハリフィン T. O. Chemicals 1mg ¥2,764 ¥92 30錠
フィライド Siam Bheasach Co., Ltd. 1mg ¥3,105 ¥104 30錠
フィライド Siam Bheasach Co., Ltd. 1mg ¥3,105 ¥104 30錠
プロスカー Merck Sharp&Dohme 5mg ¥3,051 ¥109 28錠
プロペシア Merck Sharp&Dohme 1mg ¥5,232 ¥187 28錠

フィナステリドを有効成分とした最安値の治療薬は「フィンペシア」で1錠当たり29円、1か月換算すると900円程度で治療が行えます。

多くの会社がプロペシアのジェネリックを発売しているため価格競争が起きており、今後は更に値下がりする傾向にあると思われいます。

 

どの治療薬もプロペシアと同様の成分で生成されているため値段を考慮して選んでみるのが良いでしょう。

まとめ

プロペシアは厚生労働省が内服薬として唯一みとめたAGA(男性型脱毛症)治療薬で、有効成分フィナステリドが薄毛の進行を抑制します。

フィナステリドは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生産を抑え脱毛の進行を防ぎます。

 

また、現在のAGAクリニックで行われている治療方法は「脱毛の進行を抑えるプロペシア」と「育毛を促進されるミノキシジル」の併用療法です。

プロペシアの副作用は前立腺(EDや勃起不全)が臨床試験で確認されており発症率は4%程度です。

 

AGAは発症3年目を境に急激に脱毛が進むため、高い脱毛抑制効果があるプロペシアを利用することでAGAの進行を大幅に抑えることができます。

プロペシアはAGAクリニックあるいは個人輸入サイトで購入することができます。

続きを読む

ミノキシジル育毛剤の副作用と発症期間

塗り薬タイプの育毛剤の副作用を紹介します。

育毛剤選びの参考にしてください!

塗り薬タイプのミノキシジル育毛剤

ミノキシジルを主成分とした育毛剤は多くの製薬会社から販売されています。

以下はミノキシジルを主成分とした有名な育毛剤です。

 

  • ロゲイン
  • カークランド製ミノキシジル
  • ポラリスシリーズ
  • リアップシリーズ

 

これらの育毛剤の副作用について以下にて紹介します。

 

ロゲインの副作用

ロゲインは、Johnson & Johnson(ジョンソンエンドジョンソン)社傘下McNEIL(マクニール)社が製造販売するミノキシジル5%を主成分とした頭皮に塗るローションタイプの育毛剤です。

ロゲイン製品ページへ(英語)

 

ロゲインはミノキシジルを主成分とした育毛剤の先駆け的存在で、アメリカのFDA(食品薬用品局)に世界で初めてAGA(男性型脱毛症)の治療効果がある薬と認められた育毛剤です。

 

以下はロゲインに記載されている副作用です。

  • 胸痛
  • 動悸
  • 失神
  • めまい
  • 急激な体重増加
  • 手足のむくみ
  • 頭皮に炎症や赤み
  • 顔周辺の不要な毛の成長

 

カークランド製ミノキシジル5%ローションの副作用

カークランドのミノキシジルローションはロゲインのジェネリックでミノキシジル5%を主成分とした育毛剤です。

 

ちなみにカークランドはアメリカ生まれの倉庫型のスーパーの自社ブランドです。カークランドは人気商品の類似商品を低価格で提供することを目的としたブランドです。

プライベートブランド:カークランド || Costco Japanへ

 

  • 頭皮のかぶれ
  • かゆみ
  • 手・足・顔のむくみ
  • しびれ
  • 性欲減退
  • 体重増加
  • 皮膚の紅潮

 

ミノキシジル15%配合ポラリスNR-09の副作用

ポラリスNR-09はミノキシジル15%をはじめ「プロシアニジンB2」「アデノシン」「アピゲニン」等が配合された育毛剤です。

 

ポラリスを扱う個人輸入代行サイトには副作用についての記載がなく、メーカー側も研究結果として副作用はほんとど見られないと報告しています。

 

ポラリスの造会社Polaris Research Laboratoriesでアメリカの上場企業ではありますが、ベンチャーであるため個人的には公開情報に対して不安を感じます。

Polaris Research Laboratoriesのポラリス商品説明へ

 

ミノキシジルの含有量が少ない育毛剤で副作用が確認されているにも関わらず、副作用がほとんどないと発表しているあたりに疑問を感じます。

 

リアップの副作用

リアップは大正製薬が製造・販売するミノキシジルを主成分とした育毛剤です。

商品によりミノキシジルの含有率が異なります。

  • リアップ・・・ミノキシジル1%
  • リアップX5・・・ ミノキシジル5%

発毛剤・育毛剤 「リアップ」シリーズ | 大正製薬

 

 

リアップシリーズの副作用は大正製薬が行った臨床試験と利用者による報告で以下の症状が確認されています。

  • 頭皮の発疹・発赤
  • かゆみ
  • かぶれ
  • ふけ
  • 使用部位の熱感等
  • 頭痛
  • 気が遠くなる
  • めまい
  • 胸の痛み
  • 心拍が速くなる
  • 原因のわからない急激な体重増加
  • 手足のむくみ

 

また、リアップX5の副作用発症率は8.8%との臨床試験では報告があがっています。

リアップの使用で発症した副作用と確率は以下です。

 

 

副作用の種別 発症確率
湿疹 2.0%
毛のう炎 2.0%
接触皮膚炎 2.0%
その他 2.8%

参照:ミノキシジルのリスク区分資料より

これらの症状が現れた場合には副作用の可能性があるため直ちにリアップの使用を中止して医師または薬剤師に相談してください。

 

それではミノキシジルの副作用について詳しく紹介しいます。

 

手・足のむくみの副作用

ミノキシジルの副作用に手足のむくみ症状があります。

むくみとは皮膚のある部分が異常にふくらむ症状です。

 

むくみの原因は血管のなかから血液中の水分が滲みでるために起こります。

リアップの副作用として報告されている「原因のわからない急激な体重増加」もむくみによる可能性が考えられます。

 

発疹・かゆみの副作用がでる原因

皮膚のかゆみの副作用は、ミノキシジルに対してアレルギー反応を起こしていることが原因です。

これは体内にミノキシジルに対して抗体が存在しないため、異物として細胞が攻撃することで発疹やかゆみが出ます。

 

多くの場合、育毛剤を中止することで発疹・かゆみの副作用を抑えることができます。

 

ミノキシジルは子作りや精子に対しての影響はない

ミノキシジルは精巣に対しての作用は確認されていませんので子作りへの影響はありません。

リアップの用法にも禁止事項として記載されていなことから子作りに対しての副作用はありません。

 

副作用の症状に”うつ”は無い

ミノキシジルの副作用に鬱(うつ)の症状はありません!

うつ症状が現れる育毛剤は男性ホルモンへの影響をあたえるフィナステリド(プロペシア)などがあります。

 

ミノキシジルは男性ホルモンを抑制する効果はないためうつにはなりません。

 

心臓への副作用

ミノキシジルは血管拡張作用があるため動悸といった心臓への副作用が確認されています。

以下の症状が見られた場合には動悸の副作用が現れている疑いがあります。

  • 心臓の拍動がいつもより強く感じる
  • 心臓の拍動がいつもより速く感じる
  • 脈が突然激しく乱れる

動悸の症状が現れた場合には落ち着くまでその場で安静にしてください。

そして脈拍を数え1分間に140以上ある場合には育毛剤の使用を中止して医師に相談しましょう。

 

副作用によりフケが発生する

ミノキシジルの直接的な副作用としてフケの発症はありません。

しかし、ミノキシジル育毛剤が頭皮に湿疹や肌荒れをおこし、それが原因でフケが発生することがあります。

 

育毛剤の成分が肌に合っていない可能性が高いため使用を中止してください。

 

全身の体毛が濃くなる副作用

ミノキシジル育毛剤を頭皮に塗っているのに全身の毛が濃くなることがあります。

これは、ミノキシジルが頭皮の毛細血管に浸透して全身に成分が行きわたり発毛が促進されるためです。

 

ミノキシジルの副作用が発症する期間

ミノキシジルの副作用は症状によって発症する期間が異なります。

かゆみは発疹などはミノキシジルを頭皮に塗ってから早ければ数十分後に始まります。

手足などのむくみは数時間後に始まります。

 

副作用の症状が始まる期間の違いはミノキシジルが作用するスピードによるもので、以下の順で発症します。

  1. 頭皮の疾患
  2. ミノキシジルが血管を巡り手足で副作用
  3. 頭痛など神経系の副作用

副作用が発症する期間が短い症状は育毛剤の使用を中止することですぐに完全でっきます。

神経系の副作用はホルモンバランスなどの崩れを理由としている場合はすぐには回復しない場合があります。

 

塗り薬タイプのミノキシジルは肝臓への副作用は無い

リアップの取扱説明書には「肝臓に障害がある人」は医師に相談してから使用するように注意喚起されています。

これは頭皮に塗ったミノキシジルが経皮吸収され体内に吸収されます。

体内に吸収されらミノキシジルが肝臓まで達すると代謝機能が働きます。

 

肝臓でミノキシジルを代謝する際に負荷がかかるためγ-GTPの値が上昇します。

γ-GTPは肝臓障害や胆石で胆道がふさがれている人が高い数値を示します。

 

つまりγ-GTPが上昇すると肝臓に何らかの障害を引き起こすことになるため注意が必要です。

ミノキシジル育毛剤の発毛効果と副作用

育毛剤として最も有名な「リアップ」や「ロゲイン」などの商品はミノキシジルを主成分にした育毛剤です。 ミノキシジルには育毛効果があり多くの人の薄毛を改善した実績があります。

当ページでは、このミノキシジルの効果や副作用をはじめ併用することで育毛効果を高める成分とおすすめの商品などミノキシジルの全てを紹介します。ぜひ、育毛剤選びの参考としてください。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは血管を拡張させる(広げる)効果があることから1960年代にアメリカのファイザー製薬が飲み薬を製造して高血圧の患者に処方されていました。

そしてミノキシジルを数カ月飲み続けると全身の毛が濃くなる患者や、頭頂部が禿げあがっていた患者の髪の毛が生えてくるような症例が多くみられ、ミノキシジルを内服すると副作用として育毛効果があることが発見されました。

この発見を受けて高血圧の患者用の飲み薬を製造していたファイザー製薬が、ミノキシジルの育毛に対する効果の研究開発を進め、1988年に世界で初めてのミノキシジルを主成分とした男性型脱毛症(AGA)の外用治療薬「Rogaine(ロゲイン)」が発売されました。

ロゲイン発売以前まで、世間では「ハゲは治らない」と言われ薄毛の科学的な治療法はありませんでした。 ロゲインが発売されると、これまで薄毛に悩んでいた人たちがこぞって購入しました。 その後、育毛の市場規模の大きさに目を付けた他の企業が続々と参入し、現在ではミノキシジルを主成分とした数多くの育毛剤が販売されています。 (2014年度の日本のヘアケア剤市場は2320億円と現在でも市場規模は伸び続けています。矢野経済研究所調べ

また、現在でもアメリカのFDAが脱毛改善の効果がみられる外用薬は唯一ミノキシジルだけが認められています。

<アメリカのFDA機関とは>

アメリカ食品医薬品局(アメリカしょくひんいやくひんきょく、Food and Drug Administration; FDA)は、アメリカ合衆国の政府機関であり、食品や医薬品、さらに化粧品、医療機器、動物薬、玩具など、消費者が通常の生活を行うに当たって接する機会のある製品について、その許可や違反品の取締りなどの行政を専門的に行う。

wikipediaアメリカ食品医薬品局より引用 FDAとは日本の厚生労働省にあたる機関で食品をはじめ育毛剤などの製品についての安全性などの検査・許可を下している信頼のおける行政機関。

ミノキシジルの育毛効果

ミノキシジルの育毛効果は、血管を拡張させることで血流が良くなり髪が生えると考えられていました。 なぜなら髪の毛は、毛根の中にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで髪が伸びるためです。

毛母細胞が細胞分裂を行うには、頭皮に流れる毛細血管からの栄養をもととします。 毛細血管の血流が悪くなると細胞分裂をするのに十分な栄養が吸収できないため髪は成長しないため、ミノキシジルの血管拡張効果により育毛効果があると言われてきました。

しかし、血流促進効果がある、唐辛子に含まれるカプサイシンや、玉ねぎに含まれるケルセチンを摂取しても育毛効果がないことから、何か他の要因があると推測され育毛についての研究がすすめられました。

そして、髪が生える仕組みと脱毛の原因が新たに解明され、以下のミノキシジルの発毛効果が見つかりました。

f:id:bouldering-guide:20160605161319p:plain

ミノキシジルを摂取するとアデノシンが発生し毛乳頭細胞に対して刺激をあたえ以下の増殖因子を発生させます。

<アデノシンが作用することで発生する増殖因子>

  • VEGF(血管内皮細胞増殖因子)
  • FGF-7(KGF:毛母細胞成長因子)

英語が並び専門用語で難しく感じますがこの2つが毛成長において重要な成長因子(対象の細胞などの成長・増殖を促進される物質)となりますのでわかりやすく説明をしていきましょう。

VEGF(血管内皮細胞増殖因子)

全ての毛髪は「生える」→「伸びる」→「抜ける」のサイクルを繰り返しています。 VEGFは髪の毛が伸びる際に毛乳頭細胞から生産され、毛細血管の成長を促進される効果があります。

<VEGFの作用>

  • 新しい血管を作る
  • 毛細血管の枝を増やす

髪の毛は毛細血管から吸い上げた栄養をもとにして毛母細胞が分裂を繰り返し成長します。 VEGFは毛細血管を新しく作ったり、血管の枝を伸ばして多くの栄養を毛母細胞に送りこみます。

また、VEGFは毛細血管を増殖する作用に加えて、毛母細胞の分裂を促す効果もあるため毛髪の成長に影響を与えます。

FGF-7(KGF:毛母細胞成長因子)

FGF-7もしくはKGF(ケラチノサイト増殖因子)とも呼ばれる成長因子は、毛母細胞の分裂を促進させ髪を成長させる作用があります。

アデノシンが薄毛の改善にもたらす効果と研究を資生堂が行った際に、男性型脱毛症(AGA)の原因を解明し以下の調査内容を発表しました。

薄毛部と非薄毛部由来の毛乳頭細胞(継代2代目)を75cm2 培養フラスコでコンフルエントになるまで培養した。ISOGENによりTotal RNAを抽出し、マイクロアレイ(Agilent社、Human1 cDNA Microarray、遺伝子数約20,000)により遺伝子発現量の違いを解析した。その結果、薄毛部由来毛乳頭細胞ではFGF-7遺伝子の発現量が、非薄毛部に比べ約1/2に減少していた。 (中略) これらの実験結果から、男性型脱毛の毛乳頭細胞では、FGF-7の産生量が減少し、毛成長が抑えられている可能性が示された。

資生堂リサーチセンター育毛剤研究の概況とアデノシンの有効性より

この研究では、「男性型脱毛症の患者」と「健康な毛髪環境の人」の各成長因子の分泌量を測定したところ、男性型脱毛症の患者から生成される発毛促進因子FGF-7の量が健康な人の半分であることがわかりました。

この研究結果から、髪の成長を促すFGF-7の分泌量が少ないことが原因で薄毛になっている人は「ミノキシジルを使用することで育毛促進できる効果がある」と科学的に解明されました。

しかし、FGF-7の生産量が減少している人はミノキシジルにより薄毛は改善できますが、FGF-7の生産量が測定できる施設は残念ながら現在はありません。

薄毛の原因は人により異なるため、必ずしもFGF-7の生産量の減少であるとは断定できませんが多くの人の薄毛の要因にあてはまるため、ミノキシジルを一定期間試してみるのが良いでしょう。

それでは次はミノキシジルの種類について紹介していきましょう。

ミノキシジルを主成分とした育毛剤の種類

ミノキシジルを主成分とした育毛剤は外用タイプと内服タイプの2種類あります。

<育毛剤の種類と特徴>

タイプ 育毛効果 副作用 扱いやすさ
内服タイプ 高い 大きい 手軽
外用タイプ 低い 小さい 面倒

AGAの進行度に応じて使い分けをおすすめしている人もいるようですが、体への影響を考慮すると基本的に外用タイプのミノキシジル育毛剤をおすすめします。 それでは以下で内服タイプと外用タイプについて紹介します。

内服タイプのミノキシジルタブレットの効果と副作用

f:id:bouldering-guide:20160605161840j:plain内服タイプはタブレット状でミノキシジルタブレット(ミノタブ)と呼ばれています。 ミノキシジルタブレットはページの冒頭で紹介した、高血圧の患者に処方され育毛効果が発見された降圧剤です。

ミノキシジルタブレットのメリット

  • 体内へ吸収しやすく効果が高い
  • 飲むだけなので簡単に育毛対策ができる

ミノキシジルタブレットのメリットは、ミノキシジルを体内に取り入れることで効果が出やすく、1日1錠好きな時に飲むだけなので扱いが簡単なところです。

ミノキシジルタブレットのデメリット

  • 副作用のリスクが高い
  • 個人輸入代行業者経由でしか購入できない

ミノキシジルタブレットは、高血圧の患者に対して処方される内服薬であるため、健康な人が飲めば体に悪影響を及ぼします。 また、ミノタブは日本国内で未認可の薬となるため、購入するには個人輸入代行業者を経由しなければなりません。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットはアメリカのFDA(食品医薬品局)によると服用により以下の副作用がでる可能性があると報告されています。

<ミノタブの副作用> * 心室肥大 * 心外膜液 * 腎性全身性繊維症 * 高カリウム血症 * 多臓器不全

心室肥大

心臓が肥大化した影響で重くなった状態で、息切れや疲労感を感じやすくなります。 症状を改善するには薬剤療法もしくは外科手術が必要になります。

心外膜液

心臓は心嚢(しんのう)と呼ばれる袋状のものに取り囲まれています。心臓と心嚢の間には心嚢水とよばれる液体が満たされています。これが炎症をおこし喉周りの痛みや顔に腫れを引き起こします。

腎性全身性繊維症

重い肝臓不全で症状が進行すると四肢関節の収縮性が失われ動きが悪くなります。 根本的な治療法は現在のところ無いとされています。

高カリウム血症

細胞内に存在するカリウムの濃度に異常をきたし、おう吐や脱力感、不整脈などの症状が現れます。

多臓器不全

生命を維持する腎臓、呼吸器、肝臓、血液系、心血官系、消化器、神経系の臓器の機能が正常な働きをしない状態を指します。

ここで紹介した副作用は「ミノキシジルタブレットを長期間にわたり飲み続けた末」になるような症状ですがミノキシジルの服用は健康被害を引き起こすリスクが高いため初めからの利用は避けましょう。

まれに日本国内のAGAクリニックで薄毛の診察を受けると、育毛効果が高いことからミノタブを処方されることがありますが、しっかりした検査と医師のもと決められた使用期間内であれば服用を検討してみても良いでしょう。

次は副作用の症状とリスクが小さい外用タイプのミノキシジルについて説明します。

ミノキシジル外用薬とは

外用タイプのミノキシジルは、日本皮膚科学会とアメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)が脱毛改善の効果を認めている育毛剤です。 1988年にアメリカで世界初の育毛剤としてミノキシジル成分を2%含んだ「ロゲイン」が発売されました。

日本国内では1999年に大正製薬から一般用医薬品として発売された「リアップ」は発売と同時に爆発的な人気となり、現在でも多くの愛用者がいるミノキシジルを主成分とした外用タイプの育毛剤です。

男性型脱毛症の治療を専門とするAGAクリニックでも外用タイプのミノキシジル育毛剤が処方されています。 このミノキシジルを主成分とした育毛剤は、成分が5%以下の商品であれば医師の処方は必要なく薬局や通販などで気軽に購入できる点もメリットです。

この外用タイプのミノキシジル育毛剤の使い方・効果・副作用から、ミノキシジルと併用することで高い育毛効果が得られる治療法を紹介していきます。

外用タイプのミノキシジル育毛剤の種類と使い方

ロゲイン・リアップなど外用タイプのミノキシジル育毛剤は薄毛を改善したい頭皮に直接塗布します。 外用タイプの多くは朝晩の1日2回塗る必要があるため、ミノキシジルタブレットに比べると扱いに手間がかかります。

外用タイプは以下の3種類があります。 * スポイトタイプ * 乳液タイプ * ワンプッシュタイプ

毎日朝晩の2回使用し続けるため、なるべく使いやすいタイプを選ぶことをおすすめします。 それでは各タイプの使い方と商品を紹介していきましょう。

スポイトタイプの商品と使い方

スポイトタイプの代表的な商品は「ロゲイン」です。 使い方は以下の手順になります。

    1. 容器から決められた量の液剤をスポイトで吸い取る
    1. 患部に液剤を垂らす

スポイトタイプは決められた容量を毎回測る必要があるため、他のタイプと比べると最も手間がかかります。

乳液タイプの商品と使い方

乳液タイプは薄毛箇所に塗り込んで使用します。 乳液タイプの商品はあまりなく「ポラリスNR-10」と「ミノキシジル5%クリーム」が代表的です。

乳液タイプの使い方は以下の手順になります。

    1. 容器の上部に取り付けられているポンプをプッシュ
    1. 乳液を手にとり薄毛が気になる頭皮に塗る
    1. 毛穴まで浸透するようにマッサージをする

禿げ部分が多い人の場合、液状タイプを使うと液垂れしてしまいますが、乳液タイプのメリットは髪が生えていなくても使用できる点です。

ワンプッシュタイプの商品と使い方

ワンプッシュタイプは最も簡単に使える構造の容器が採用された育毛剤です。 ワンプッシュタイプは「リアップシリーズ」がそれにあたります。 使い方は以下の手順になります。

    1. 容器を逆さにして計量室に薬液を溜める
    1. 容器の先端を頭皮に押し当てる

ワンプッシュタイプの特徴はスポイトタイプのように分量を量ることなく使用でき、乳液タイプのように手に取る必要がなく直接容器の先端を頭皮に押し当てて使用できる点です。 分量も測らず、手も汚れないため取り扱いが楽でおすすめです。

ミノキシジル育毛剤の発毛効果

外用タイプの発毛効果は、ミノキシジルの含有量が多くなるほど育毛効果が高くなります。

以下は大正製薬がミノキシジル5%配合の「リアップX5」と、ミノキシジル1%配合の「リアップ」を1年投与し発毛効果を検証した臨床試験結果です。

f:id:bouldering-guide:20160605152936j:plain リアップX5総毛髪数の変化 <承認申請時添付データ>より

試験では、薄毛が進んだ箇所の1㎤あたりに生える毛髪の本数を計測したものですが、驚くことにどちらも初めは1㎤に1本程度しか生えていなかった毛髪が8週間後には10倍以上も多くなっていることです。 ミノキシジルの濃度による発毛効果は、リアップが15.4本に対し、リアップX5が21.8本と6.4本もの差がつき、ミノキシジルが多く含まれている育毛剤ほど発毛効果が高いことが実験を通して証明されました。 外用タイプのミノキシジルは1%~16%まで販売されています。ミノキシジルは濃度が高くなると固形化しやすくなるため16%以上の商品は現在販売されていません。 次は外用ミノキシジルの副作用とおすすめの濃度を紹介します。

ロゲイン・リアップなどの副作用とおすすめのミノキシジル濃度

1%と5%のミノキシジルの臨床試験では、5%のミノキシジル育毛剤の発毛効果が高いことがわかりました。 それでは、髪を生やしたいのであればミノキシジル濃度が高い育毛剤を選べば良いか?というとそうではありません。

内服やイプのミノキシジルタブレットでも説明しましたがミノキシジルには副作用のリスクがあります。 外用タイプはミノタブと比較すると副作用の症状は軽くなりますが、やはり様子を見ながら段階的に濃度を高くしていったほうが良いでしょう。

以下の表はミノキシジル成分5%の「リアップX5」の副作用について販売元の大正製薬が厚生労働省に提出した調査資料データです。

調査数:3072

副作用 件数 発生率
塗布部のかゆみなどの疾患 192 6.25%
発疹・皮膚乾燥など 70 2.28%
めまい・頭痛など 17 0.55%
臨床検査(心拍数の増加など) 12 0.39%
動悸 6 0.20%
眼痛・充血など 4 0.13%
耳鳴り 2 0.07%
腹痛 2 0.07%
心不全 1 0.03%
ほてり 1 0.03%
不眠症 1 0.03%

報告された副作用に1件「心不全」が報告されていますが、医師による診断結果によるとリアップとの関係性は見られずタイミングによるものとの見解のため副作用かは不明です。 その他の症状はいずれも軽度で重篤な副作用はありませんでしたが、軽度の発疹(かゆみ)など人により見られる結果が報告されています。

外用やイプのミノキシジル育毛剤を使い始める人は、まずは発毛効果も立証されており、副作用のリスクが少ないミノキシジルの成分が5%以下の育毛剤から使い始めましょう。 その後、育毛効果が見られず副作用がない場合には濃度を高くしていく形がおすすめです。

AGA治療の基本はミノキシジルとプロペシアの併用

ミノキシジルと併用することで高い育毛効果が得られると言われている「プロペソア(フィナステリド)」という内服薬があります。 このミノキシジルとプロペシア2つの併用効果を厚生労働省も認めており、AGAクリニックなど薄毛の医療現場でも処方されています。

以下は日本皮膚科学会が定めた「男性型脱毛症診療ガイドライン」にて薄毛診療についての策定内容です。 f:id:bouldering-guide:20160605153138p:plain 重度に薄毛が進行した人に対して「5%のミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)」を1年間使用することが最も有効(最後の手段)であると臨床試験の結果をもとに報告しています。

プロペシア(フィナステリド)の効果

男性型脱毛症により薄毛が進行する原因のもとは男性ホルモン(テストステロン)です。 毛髪は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで伸びていきますが、男性ホルモンが毛母細胞の分裂を阻害する働きをするため薄毛が進行していきます。

この薄毛を進行させる男性ホルモンの働きをプロペシア(フィナステリド)を服用することにより抑えることができます。 そして、プロペアとミノキシジルを併用することで薄毛の進行を食い止め、育毛を促すことで高い発毛効果が得られます。

ミノキシジル育毛剤の効果検証期間

育毛剤は効く場合と効かない場合に分かれ、内服薬・外用タイプ共に一定期間使用してみて効果があるか判断を下します。 まず、効果の検証期間中は必ず用法容量を守らなければ育毛剤本来の効果が得られません。 検証期間は少なくとも4カ月、改善効果が見られれば6カ月続け発毛効果を検証します。

以下は「リアップX5」を被験者に長期投与した発毛データです。 f:id:bouldering-guide:20160605153339j:plain 大正製薬:ミノキシジル5%製剤の長期投与試験結果より 臨床データでは、初めの2か月間は効果が実感できない人が9割以上いたことが分かります。 この臨床データから「とりあいず2カ月ためしてみたけど髪が生えてきていないからやめよう」と判断し別の育毛剤を使ってはいけないことが見て取れます。 なぜなら4か月目から8割以上の人が薄毛の改善効果を少し感じはじめ、6か月後には薄くなった頭皮が新毛に覆われはじめている人が48%にまで増加しているためです。

この結果からまず4か月継続してみて改善の効果が見られるならば継続して使い続けることで薄毛を改善が期待できます。

ミノキシジル育毛剤の購入方法

ミノキシジルを購入する方法は内服薬と外用タイプの育毛剤で異なります。 それぞれの購入方法を以下にて紹介します。

内服薬:ミノキシジルタブレットの購入方法

f:id:bouldering-guide:20160605162107j:plain内服薬のいわゆるミノキシジルタブレットは育毛剤として正式に認可が下りていません。そのため薬局や国内の通販サイトで購入することはできません。

現在、ミノタブを購入方法できる方法は以下の2種類になります。 * AGAクリニックでミノキシジルタブレットを処方してもらう * 個人輸入代行サイトで海外からミノタブを購入する

AGAクリニックでミノキシジルタブレットを処方してもらう

主に都心部を中心にCM効果の影響もあり男性型脱毛症の治療を専門にしたAGAクリニックが全国にあります。 全てのAGAクリニックではありませんが「銀座クリニック」など一部の専門病院でミノキシジルタブレットが処方してもらえます。 AGAクリニックを受診するメリットは、それぞれの薄毛の状況や遺伝子診断・血液検査のもと最適な育毛剤を処方してもらえるところです。 一方でAGAクリニックのデメリットは、個人で育毛の治療を行う際の費用と比べて倍以上も費用がかかります。

<AGAクリニックの治療費相場>

項目 費用
初診料 3,000円程度
内服薬・外用育毛剤セット 20,000円程度
薬用専用シャンプー 5,000円程度
AGA遺伝子診断 20,000円程度
血液検査 5,000円程度
各種検査 20,000円程度

AGAクリニックの治療費が高くなる要因は、薄毛の治療は保険適用外のため全額自己負担となるためです。 しかし、専門病院で診療してもらうことで適切な治療と副作用のリスクを低下させられるため、費用面以外で心配することは無く治療に専念できます。

個人輸入代行サイトで海外からミノタブを購入する

もう一方で、個人輸入代行サイトを利用してミノタブを購入する方法があります。 個人輸入代行サイトは日本の会社が運営してされており、サイトはすべて日本語表記で日本の通販サイトと同じ感覚で利用できます。

支払い方法は、先払いでクレジットカードもしくは銀行振り込みになります。 商品の到着は、通常1週間~10日で手元に届きます。

個人輸入代行でミノタブを購入するメリットは何といっても価格で1月2,000円程度の費用で服用できます。 デメリットは、自己責任のもと治療を行う事に加え、偽物を扱っている悪徳サイトがあるため利用するサイトをしっかりと調査する必要があります。

外用ミノキシジル育毛剤の購入方法

外用ミノキシジル育毛剤はミノタブと異なり簡単に購入できます。 購入方法は主に以下の4つの方法です。

<ミノキシジル育毛剤の購入方法> * AGAクリニックで処方してもらう * 薬局・ドラッグストアで購入 * 国内の通販サイトで購入 * 個人輸入代行サイトで購入

それでは、それぞれの方法で購入できる商品もあわせて紹介します。

AGAクリニックで処方してもらう

ミノキシジルタブレットで紹介したAGAクリニックでの購入方法と同様に、男性型脱毛症の専門医院で受診をしたのちに薬を処方してもらいます。治療費は月額2万円程度が目安です。

薬局・ドラッグストアで購入

日本国内において薬局・ドラッグストアで扱えるミノキシジルを主成分とした育毛剤は「リアップ」シリーズのみとなります。

なぜならリアップシリーズは一般用医薬品(OTC医薬品)と呼ばれる医師の処方箋を必要としない誰でも購入できる大衆薬に分類されているためです。

また、ミノシキシジルを主成分とした育毛剤が一般医薬品として販売されていない要因は、もともと降圧剤として使用されていたミノキシジルを育毛剤の成分として配合する場合、厚生労働省から承認を得るまでに10年以上の歳月がかかるため今のところ一般用医薬品として登録申請されている育毛剤はリアップシリーズのみとなります。

実際に店舗で購入する場合には薬剤師から、アレルギー・疾患の有無などの質問を受け問題がなければ商品が購入できます。

通販サイトで購入

国内で販売されているミノキシジルを主成分とした育毛剤はリアップシリーズのみとなりますがネットでは薬事法の規制により購入できませんでした。 しかし、2014年6月12日に薬事法が改正され一般用医薬品がネットでの販売が解禁され、リアップシリーズも手軽に通販サイトから購入できるようになりました。 通販サイトでの購入方法は厚生労働省の医療食品局が「一般用医薬品のインターネット販売について」にて以下の販売ルールを設けています。

① 購入者が情報提供内容を理解した旨の確認 ② 購入者に再質問がないことの確認 ③ 指定第2類について、禁忌の確認を促すための掲示・表示等 ④ 情報提供義務免除の範囲及び判断者の見直し(継続使用者等について、薬剤師 が情報提供の要否を判断) ⑤ 乱用等のおそれのある医薬品の販売個数の制限等 ⑥ 使用期限の表示・使用期限切れの医薬品の販売禁止 ⑦ オークション形式での販売の禁止 ⑧ 購入者によるレビューや口コミ、レコメンドの禁止 ⑨ モール運営者の薬事監視への協力

ネット通販の販売のルールでは、薬局で薬剤師が行う問診(アレルギー・疾患など)をネット上で行い、購入者からの質問や疑問には全て答えたうえで販売することを義務付けています。

実際にリアップX5をネット通販で購入する際には、商品をカートに入れる前に以下の質問に答えた後に購入ができます。

<使用者についての質問項目> ・性別 ・年齢 ・薬による副作用の経験 ・現在の病気と服用中の薬の有無 ・これまでの使用経験

ネット通販は特に難しい手続きなどなく簡単に購入できます。

個人輸入代行サイトで購入

国内の通販サイトでは「リアップシリーズ」しか購入できませんが、個人輸入代行サイトを利用することで海外のミノキシジル入りの育毛剤が購入できます。

海外の外用タイプの育毛剤は、世界で初めての育毛剤「ロゲイン」や「カークランド」「ポラリス」などの商品が有名です。

海外の育毛剤の特徴はミノキシジル濃度の高さにあります。 日本ではリアップX5が最も濃度が高くミノキシジル5%に対し、海外製品で最もミノキシジルの濃度が高い「ポラリスNR10」は16%の育毛剤が販売されています。

これはミノキシジルによる育毛効果を発見した会社がアメリカにあるため、ミノキシジル成分の研究・臨床試験・承認等が日本より進んでおり、20年ほど前はアメリカでもミノキシジル2%溶液までしか認可がおりていませんでしたが今日では16%まで認可されたためです。

<海外製ミノキシジル育毛剤一覧>

ミノキシジル濃度 商品名 価格 発売元メーカー
2% アクビタス2% 1830円 アクタビス
5% ロゲイン5% 2742円 ジョンソンアンドジョンソン
カークランド5% 1647円 カークランド
ミノキシジル5% 2262円 ジェンヘアー
ポラリスNR07 4070 ポラリスリサーチラボラトリーズ
スペクトラルDNC 5545円 DSラボラトリーズ
アクタビス5% 2273円 アクタビス
7% ポラリスNR08 4480円 ポラリスリサーチポタトリーズ
15% ミノキシジル15% 2817円 ジェンヘアー
ポラリスNR09 4940円 ポラリスリサーチポタトリーズ
16% ポラリスNR10 5180円 ポラリスリサーチポタトリーズ

海外製品は2%~16%まで幅広い濃度の育毛剤が販売されています。 しかし、海外で販売されている育毛剤にはデメリットもあるため以下にて紹介します。

海外製育毛剤のデメリット

海外製育毛剤のデメリットは、同じ商品であっても品質にバラつきがあったりします。 独特の匂いがついている場合には、朝に塗布し日中に気になるほどの薬液の匂いが強い場合もあります。 薬液の粘土が高く頭皮にベタつきを感じる場合もあるようで、どれもミノキシジルの濃度が高い商品で発生するケースが高い傾向にあります。

また、アジア諸国からもミノキシジル入りの育毛剤が販売されていますが、不純物の混入やミノキシジルが含まれていない商品もあるようです。

これらの悪質な商品の購入を避けるには、実態のある会社が長く運営しているサイトを利用することで粗悪品を掴まされる余計なリスクを負わずに済みます。

ただし、海外からの個人輸入をした育毛剤はすべて自己責任のもと利用してください。 ミノキシジルの濃度が高く、安いからと安易な理由でいかがわしいサイトからの購入は控えましょう。

ミノキシジル育毛剤おすすめランキング

初めてミノキシジル入り育毛剤を利用する人に向けておすすめの商品をランキング形式で紹介します。

1位 リアップX5プラス

f:id:bouldering-guide:20160605160315j:plain ミノキシジル濃度5% 価格:7,048円

数多くの商品が販売されているミノキシジル育毛剤の中でもっともおすすめできる商品は「リアップX5プラス」です。 理由は、日本人が使用することを前提に商品の開発を行い、臨床試験・育毛実績を経て厚生労働省の厳しい試験をクリアーした唯一の育毛剤であるためです。 販売・製造元が大正製薬であるためフォロー体制も整っており安心して利用できます。

2位 リアッププラス

f:id:bouldering-guide:20160605160324p:plain ミノキシジル濃度1% 価格:5,239円

皮膚や弱い人や副作用の心配がある人におすすめなのがリアッププラス。 まずリアッププラスを3か月程度利用してみて、頭皮のかゆみや炎症など現れないようであればリアップX5プラスに乗り換える使用法がおすすめです。

3位 ロゲイン5%

f:id:bouldering-guide:20160605160344j:plain ミノキシジル濃度5% 価格:2,742円

ロゲイン5%はリアップX5プラスと同じくミノキシジル濃度5%の育毛剤です。 リアップX5プラスとの違いは値段の安さ。2,000円程度安くなるため半年利用すると12,000円、1年で24,000円もの価格差が出てくるため料金面にフォーカスするのであれば、はじめての育毛剤にはロゲイン5%がおすすめです。 また、ミノキシジルの育毛効果を世界で初めて発見し、育毛剤として商品を送り出した、いわばミノキシジルを世界で最もよく知るメーカーにより販売されている商品であることもおすすめするポイントのひとつです。

4位 ポラリスNR08

f:id:bouldering-guide:20160605160352j:plain ミノキシジル濃度7% 価格:4,480円

ポラリスNR08はミノキシジル5%で満足のいく育毛効果が得られない人におすすめです。 また、ポラリスシリーズはミノキシジル濃度5%、7%、15%、16%と幅広い商品ラインナップと商品の安さが魅力です。 また、クリームタイプの育毛剤で頭皮に塗り込んで使用するため、髪が全く生えていない人は液体タイプのように頭皮から液垂れしてしまうことがなく塗布しやすい点で評判を得ています。

まとめ

ミノキシジルは、国内・国外ともに公的機関より外用薬として育毛効果があるとして唯一認められている成分です。 ミノキシジルの効果は、育毛を促進させる指示を送る成長因子を生み出し髪が生えるように促す効果があります。

また、ミノキシジルは内服薬(通称ミノキシジルタブレット)と外用タイプの2種類あります。 育毛効果は直接体内からミノキシジルを摂取する内服薬が優れていますが副作用のリスクも高まるため外用タイプがおすすめです。

はじめて外用タイプを利用する場合にはミノキシジル濃度5%の商品をまずは4カ月ためして育毛効果を検証し、効果が見られれば半年、一年と使い続けることで薄毛の改善ができます。

育毛剤と発毛剤の違いと薄毛の改善方法

薬局やネットでは薄毛の治療を対象にしたリアップやブブカ、薬用アデノゲン(資生堂)、モウガをはじめとした多くの商品が販売されています。

「血流促進」「抜け毛予防・発毛促進」「太く強い毛を育てる」など、期待感の高いキャッチコピーが書かれおり、どの商品を選べばよいのか解りにくい状況にあります。
加えて商品以外にも、発毛剤や育毛剤はたまた養毛剤などの種類があるため、ますます商品選びが難しく感じてしまいます。

 

しかし、発毛剤や育毛剤、養毛剤は販売元が勝手に種類を決めるこはできません。
薬事法により効果と身体への作用に応じて以下の種類分けのルールがあります。

  • 発毛剤:一般用医薬品
  • 育毛剤:医薬部外品
  • 養毛剤:化粧品

当ページでは「発毛剤」「育毛剤」「養毛剤」それぞれの効果・副作用のリスクの高さと、薄毛の状態に応じた薬剤の選び方を紹介します。 続きを読む