AGA

ジヒドロテストステロン(DHT)がもたらす脱毛症への影響

AGA(男性型脱毛)はアンドロゲン型脱毛症と呼ばれ、男性の薄毛でもっとも一般的な脱毛症です。

AGAは男性ホルモンの影響により抜け毛が進みます。

特に、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)がAGAの原因であることが、研究により解明されています。

AGAは20歳以上から発症し、年齢があがるとともに発症確率も上昇します。50歳以上の男性では、半数にあたる約1300万人が発症しています。

また、ジヒドロテストステロンは女性の抜け毛の原因物質でもあります。

このページではジヒドロテストステロンがもたらす脱毛症について紹介します。

続きを読む

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAとはAndroGenetic Alopecia)の略称で,日本語では男性型脱毛症と呼びます。

AGAは、髪の生え際とつむじを中心に、薄毛の範囲が拡大する脱毛症です。

発症時期は、早い人では思春期を過ぎた20代から薄毛が始まり、40代になると3人に1人はAGAにかかると言われています。

AGAが発症する時期と抜け毛の進行速度は、遺伝によるものが大きく、次いで生活習慣により差が出ます。 続きを読む

AGAの原因となる男性ホルモンと薄毛のパターン

男性ホルモンが薄毛に影響するって聞いたことがあるけど
「歳を取ると男性ホルモンの分泌は少なくなるのに何でAGAになるの?」
「ボディービルダーは男性ホルモンを多く分泌しているのに何でハゲないの?」と疑問を持っている人もいるのではないでしょうか?

 

結論から言うと男性ホルモンによる影響でAGAは発症します。
しかし、男性ホルモンの分泌量が多いからといってハゲるわけではありません。

 

今回は男性ホルモンを影響とした脱毛症のメカニズムと薄毛の改善方法について紹介しいます。 続きを読む

AGAが発症する8つの原因とセルフチェックリスト

突然ですが、ふと鏡を見たときに生え際が後退していたり、髪が薄く頭皮が透けていると感じたことはありませんか?このような症状に心当たりがあったら薄毛や抜け毛が進んでいるのかもしれません。

 

男性だけではなく女性も薄毛になり、これを「AGA(男性型脱毛症)」と呼びます。女性の場合は「FAGA(女性男性型脱毛症)」

 

薄毛が気になったまま何もしないでいると、どんどん薄毛が進み最悪の場合はハゲてしまいます・・・!

そんなのぜったいに嫌ですよね。。

続きを読む