女性の薄毛改善に有効な亜鉛の効果

女性らしいツヤとコシのある健康的な髪の維持や、髪を成長させるために亜鉛の摂取が大切です。
亜鉛は、免疫機能の維持、傷の治癒やタンパク質とDNA合成といった細胞の生殖活動に使われている栄養素です。
また、髪の成長に必要な細胞の分裂や、タンパク質の構成をする働きがあります。亜鉛が不足すると抜け毛の本数が増え薄毛につながります。

厚生労働省が定めた亜鉛の1日の推奨摂取量は以下です。

  • 男性:10mg
  • 女性:8mg

亜鉛は体の形成に不可欠であるにもかかわらず、日本人の食生活では不足しがちな栄養素ひとつと言われています。

このページでは亜鉛による薄毛対策の効果について紹介します。

亜鉛の働き

亜鉛は人体を構成するうえで必要不可欠な栄養素です。

亜鉛は細胞分裂をはじめ、ホルモンの生成や維持、タンパク質の合成、ビタミンやミネラルの吸収を補助する働きがあります。

体内の亜鉛濃度が不足すると医療機関では亜鉛欠乏症もしくは低酸素血症の診断が下されます。

亜鉛欠乏症は、亜鉛の摂取不足や、肝疾患、慢性肝疾患、下痢、鎌状赤血球貧血、糖尿病、癌、肥満治療手術を受けた後などで掛かります。

また亜鉛の吸収効率を高めるビタミンAやビタミンDの摂取不足が原因となる事があります。

亜鉛欠乏症の症状のひとつに脱毛を引き起こします。

その他には、下痢、皮膚の炎症、皮膚や頭皮の乾燥、筋肉疲労、ニキビができやすくなるといったなど症状が現れます。

亜鉛欠乏症の症状

亜鉛欠乏症になると以下の症状が現れます。

  • 抜け毛が増える
  • 食欲不振
  • 体重の減少
  • 疲れやすくなる
  • 月経不順

目に見えて体調が変化するため、これらの症状がみられる人は亜鉛欠乏症の疑いがあります。

亜鉛欠乏症をチェックする方法は爪を見て、白い線が入っている人は亜鉛が不足しているサインです。

また、高齢者や食が細い人、アルコールを毎日飲む人は亜鉛が不足しやすい傾向にあるため注意が必要です。

亜鉛がもつ女性への薄毛対策の効果

亜鉛が薄毛を改善する効果を理解するために、まずは亜鉛不足による抜け毛を説明します。

亜鉛が不足すると毛包を構成するタンパク質の合成に支障をきたします。髪はタンパク質合成をすることで細胞分裂が進み成長します。

つまり亜鉛が不足することで髪の成長が遅くなるほか、毛包が弱体化してしまい髪と頭皮の固着力が低下して抜け毛を引き起こします。

人体の生成に十分な亜鉛を摂取することで毛包細胞の健康状態が保たれます。

結果的に髪の成長と抜け毛を予防する効果が得られ、薄毛の対策ができます。

亜鉛を含む食べ物

亜鉛はサプリに頼らなくても食べ物からも摂取できます。

  • 赤身の肉
  • レバー
  • 小麦麦芽
  • カボチャの種
  • エビ
  • 卵黄
  • 大豆製品

亜鉛が多く含まれる食べ物にはビタミンや栄養素も多く含まれています。

また亜鉛は、クエン酸やビタミンC、動物性たんぱく質と一緒に摂取すると体内への吸収率が上がります。

クエン酸:梅干し、レモン、グレープフルーツ、いちご、パイナップル

ビタミンC:赤・黄ピーマン、トマト、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ

動物性タンパク質:肉、魚、卵、乳製品

SNSでもご購読できます。