髪の毛が成長するヘアサイクル

3人に1人が、薄毛に悩んでいると言われています。抜け毛の原因や薄毛を治療するためにはまず育毛サイクルを理解することが大切です。

髪の毛は頭皮の下にある卵胞にある毛細血管から髪の成長に必要な栄養を吸い上げて育ちます。

育毛のサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」の3つの毛周期を繰り返しています。

このページではヘアサイクルについて紹介します。

成長期

成長期の髪の毛は、毛細血管から取り入れた栄養をもとに細胞分裂を繰り返し、そこで作られた細胞が髪の毛になる毛包の下から押し上げて成長していきます。

成長期は2年~5年ほどで、髪の毛は平均して20センチ~30センチ前後まで伸びます。

髪の毛は月に1センチ成長します。夏は冬よりも成長ホルモンの分泌が多くなるため、育毛のスピードも早くなります。

脱毛症にかかっていない健康な人の場合、髪の毛の90%が成長期の段階にあります。

また、欧米人に比べて日本人は成長期が長く、成長期が7年続き、1メートル近くまで髪が伸びる人もいます。

成長期や髪が生えるスピードは成長ホルモンの分泌量により変わります。

成長ホルモンのは、普段から亜鉛を多く含む食べ物など栄養バランスの取れた食生活や、ストレスや喫煙により分泌量が変化します。

退行期

成長期が終わると退行期に入ります。

期間は2週間程度で、この時期になると髪の色を作る色素細胞の活動が停止します。

休止期

休止期に入ると細胞分裂が止まり、髪の毛の成長が完全に停止します。

休止期は3か月程度続き、成長が止まった髪の毛は毛母細胞から外れ、次第に頭皮表面に押し上げられ抜け落ちます。

髪の毛はそれぞれ独立してサイクルを繰り返しており、一日で抜ける髪の毛の本数は50本~100本程度です。

まとめ

髪の毛は、成長期→退行期→休止期の流れを一連の生えては抜けるサイクルを繰り返しています。

一生のうちに15回程度のヘアサイクルを繰り返します。すべての毛包が独立した毛周期を繰り返しているため、一斉に髪が抜けて生え変わることはありません。

加齢とともに退行期と休止期中の髪の毛の割合が増えてきます。

20代後半から成長期が短くなる脱毛症をAGAFAGA(女性型脱毛症)と呼ばれ、時間と共に生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなります。

薄毛の治療におすすめの育毛剤

ちょっと抜け毛が多い気がする。。
なんか最近髪が薄くなってきたなぁ。。
生え際の後退や、頭皮が透けて見えるようになってきたけど、どうやって治療すれば良いんだろう。。

薄毛は進行型の症状であるため、何もしないと抜け毛が進行します。自然に治癒することはありません。

髪が抜けてから、髪が生えない状態が5年続くと、毛根は皮膚の垢となって取れます。

頭皮から毛根が無くなると、どんなに強力な育毛剤でも髪は生えません・・・!

つまり、再び髪を元の状態に戻すためには、早めの治療こそが最も重要なポイントになります。

また、男性と女性で抜け毛の原因が異なるため、それぞれに脱毛症にあわせた育毛剤を紹介します。

女性にオススメの育毛剤



女性にオススメの育毛剤はマイナチュレです。

マイナチュレは、テレビや有名女性誌で取り上げられている人気の育毛剤です。

人気の理由は、女性の抜け毛や薄毛になる原因とされる、女性ホルモンの乱れに着目して作られた育毛剤だからです。

また、乾燥肌や脂っぽい頭皮を改善する保湿成分、ヒオウギ抽出液、オドリコソウエキス、マツエキスが配合されています。

肌の弱い女性のために無添加素材だけにこだわり開発された育毛剤で、厚生労働省から医薬部外品としての認定を受けています、

40歳はもちろん、20歳や30歳で薄毛の悩みを抱える女性にオススメの育毛剤です。

マイナチュレ公式サイトへ

男性にオススメの育毛剤



薄毛の治療にオススメの育毛剤はチャップアップです。

チャップアップは、数ある育毛剤のなかから利用者からの口コミ評価による顧客満足度、売れ筋ランキングで1位を獲得しています。

また、AGAクリニック関連の医師から最も評価されている育毛剤です。

育毛剤の成分は、体質によって効く効かないが分かれ、効果に個人差があります。

チャップアップは44種類の育毛促進、脱毛予防効果のある原料が配合されているため、様々な体質の人に効果を発揮します。

また、ミノキシジルやプロペシアといった副作用が強く現れる育毛成分は含まれていません。

天然素材から抽出した成分を中心に配合されているため、頭痛や精力の減退、頭皮の炎症といったリスクがありません。

薄毛の治療効果は、早ければ使い初めてから1ヶ月で実感している人もいるオススメの育毛剤です。

チャップアップ公式サイトへ

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*