出産後におこる女性の薄毛・抜け毛の原因と改善方法

多くの女性が出産後に抜け毛の量の増加や、薄毛への悩みを経験します。

とくに出産後から半年間は、通常よりも多く髪が抜ける症状を産後脱毛と呼びます。

産後脱毛は、出産後の女性におこる一般的な症状で心配する必要はありません!

一次的に多くなった抜け毛は赤ちゃんが最初の誕生日を迎える頃には、以前の状態まで回復します。

このページでは産後におこる脱毛症について紹介します。

出産後に抜け毛が増える理由

妊娠すると女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が増加します。

エストロゲンアは髪の成長を促す効果があり、髪の成長期間が長くなり髪の毛の量が増えます。

しかし出産後にはエストロゲンの分泌量が急激に低下します。

これまで体内にエストロゲンが高まっていたことで抜けずに成長をし続けていた髪の毛が、出産をきっかけに休止期に入り次々と抜けていきます。

出産後の脱毛は出産から半年間続き、シャワーやブラッシング時に多くの髪が抜けます。

ただ、この時期に抜ける髪の毛は、出産中に一時的に増えた髪の毛が抜けているだけで、脱毛症に掛かっているわけではありません・・!

日にちが経過するごとにゆるやかに抜け毛の量は減り、もとの神の量に戻ります。

抜け毛の量が明らかに多い場合

出産後の抜け毛が減らない場合や、明らかに抜ける量が多い場合には出産後脱毛によるものではない可能性があります。

鉄不足による脱毛
出産の大量出血や授乳による栄養不足により鉄分が不足する女性が多くいます。鉄分は髪をつるく元となる栄養素で、不足すると髪が成長しなくなったり、抜け毛を引き起こします。

レバーや、サプリなどの栄養補助食品を摂取して積極的に鉄分を取るようにしましょう。

産後甲状腺炎症
出産後の女性の20人に1人が、甲状腺が肥大化すると言われています。甲状腺が肥大化すると免疫機能が低下し、産後甲状腺炎症を引き起こします。

産後甲状腺炎症をおこした頭皮は、髪の固着力が低下して抜け毛が多くなります。

イライラ、動悸、暑がり、異常な食欲、体重減少、倦怠感を感じる人は内分泌科で一度検査してもらうとよいでしょう。

 

産後脱毛症の対処法

出産後の脱毛は、妊娠中に女性ホルモンの分泌量が増加することで一時的に増えた髪が抜けるため、防止することはできません。

しかし、髪にかかる負担を少なくすることで、抜けるスピードを遅くすることができます。

  • 髪を縛らない
  • 髪を短くする
  • 目の粗いクシを使う

また栄養バランスの取れた食事やストレスをためないようにすることで女性ホルモンのバランスを整え、産後脱毛症から素早く復帰することができます。

女性の薄毛におすすめの育毛剤

体内で生成されたエストロゲンは、頭皮の毛細血管まで届かなければ髪は成長しません。

また、肌と同じように頭皮が乾燥していると、ハリが無くなり髪が抜けやすくなります。

育毛剤で、育毛の促進と、頭皮の保湿に必要な栄養を与えることで薄毛を治療できます。

女性の育毛剤は、敏感肌やオイリー肌の人も使えるデリケートな頭皮にあわせた、無添加の育毛剤「マイナチュレ」がおすすめです。

女性用育毛剤「マイナチュレ」

マイナチュレ公式サイトへ

SNSでもご購読できます。