女性が薄毛になる原因はホルモンバランスの乱れ

女性が薄毛になる原因のひとつに「女性ホルモンのバランスの乱れ」があります。

女性ホルモンは40代以降を境に分泌量が変化するため、バランスを崩しやすくなります。

また、20代や30代の女性であっても、生活習慣の乱れをきっかけにホルモンバランスが乱れます。

以下のような症状がみられる人は、女性ホルモンの乱れが薄毛の原因になっている可能性があります。

  • 強い生理痛
  • 無月経
  • 生理周期が長い・短い
  • 肌荒れを起こしている
  • 乾燥肌に悩んでいる
  • 閉経後
  • 頭痛
  • 肩こり
  • めまい
  • イライラする
  • 体のむくみ
  • 髪のツヤが無くなった

本ページでは、女性ホルモンが乱れることによる薄毛についての紹介と、ホルモンバランスを整える方法について紹介します。

女性ホルモンが乱れることで薄毛になる原因

女性が薄毛になる原因は、主に女性ホルモンの分泌量の低下によるものです。
女性ホルモンには2つの種類があります。

エストロゲン
髪の成長や、水分を多く含んだ頭皮や肌といった女性らしい身体の形成と、骨や血管といった身体の器官形成や動脈硬化の抑制作用など健康の維持の役割を果たします。
プロゲステロン
基礎体温の上昇、子宮内膜の維持、乳腺の発達など、妊娠に大きく作用する女性ホルモンです。

女性の薄毛は、髪を成長させる働きをもつエストロゲンの分泌量が低下することでおこります。

エストロゲンの分泌量が低下する原因

エストロゲンの分泌量は以下の低下する原因は、年齢と生活習慣によるものです。

以下にて詳しく説明します。

加齢
女性ホルモンの分泌量は、歳を重ねるごとに低下していきます。
女性は20代をピークに卵巣の働きが弱くなりエストロゲンの分泌量が低下します。年齢と女性ホルモンの分泌量を説明したグラフ出典:女性の健康習慣|厚生労働省
ストレスと疲れ
卵巣は脳の視床下部と下垂体からの指令により機能しています。
ストレスや疲れが貯まると自律神経が乱れ、脳からの指令やコントロールに不調をきたし、卵巣の機能不全を引き起こします。
ストレスが貯まると生理周期が乱れるのも同じ理由です。
偏った食生活
ダイエットによる無理な節制や、ジャンクフード、コンビニに弁当などを食べていると、女性ホルモンを作る栄養源となるタンパク質やビタミン、鉄分が不足して女性ホルモンが作られなくなります。

また、ダイエットによる過度なカロリー制限は、エストロゲンのもととのあるコレステロールが不足します。

喫煙
タバコを吸うと血流の減少を引き起こし、酸素不足に陥ります。
酸素が不足すると、女性ホルモンを作る酵素の働きが弱くなりエストロゲンの量が低下します。
また、エストロゲンは血液中を通って、頭皮をはじめとした全身に行き渡ります。
タバコの成分はエストロゲンを破壊する作用があり、肺でエストロゲンを壊し、血液中のエストロゲン濃度が低下します。

また、エストロゲンが低下すると、男性ホルモンが増加します。

続いては、男性ホルモンが増加を原因とした薄毛について紹介します。

女性が薄毛になる原因には男性ホルモンも関係している

女性の体にもテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが存在します。

テストステロンは、筋肉の発達や代謝機能の増加、性欲を高める作用があり生命に維持や子孫の繁栄に欠かせないホルモンです。

一方で、男性の脱毛症「AGA」の原因となるホルモンとしても有名です。

女性の場合であっても、血中のテストステロン濃度が高くなると、男性と同様に薄毛になります。

テストステロンを原因とした女性を薄毛は、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼びます。

FAGAの特徴

FAGAは、頭頂部を中心に髪の毛全体が薄くなる脱毛症です。

びまんせい脱毛症とも呼ばれています。

頭皮や髪に以下のよう症状がみられる女性はFAGAが進行しています。

  • 頭頂部の分け目が薄くなった
  • 髪が細くなった

FAGAが発症する原因は、テストステロン(男性ホルモン)によるものですが、遺伝による影響が強いため発症には個人差があります。

両親や親族に薄毛やハゲている人は、遺伝体質である可能性が高くなります。

遺伝子の検査は、AGAクリニックで血液検査を受けることで調べられます。

テストステロンが増加する原因

女性の体内にテストステロンが増える原因はアロマターゼ酵素の減少によるものです。

アロマターゼ酵素とは、男性ホルモンのひとつテストステロンを、エストロゲンに変換させる働きがあります。

アロマターゼ酵素が減少すると、本来であれば女性ホルモンになるはずの男性ホルモンが、女性ホルモンに変換されず、体内に多く存在するようになります。

アロマターゼ酵素が減少する原因

アロマターゼ酵素は、卵巣機能が低下すると減少します。

卵巣機能は、加齢や生活習慣の乱れを原因として減少します。

また、チョコレートに含まれるカカオや、ローズマリーはアロマターゼ酵素の働きを阻害すると言われているため、食べ過ぎには注意が必要です。

︎女性の薄毛を改善する方法

女性の薄毛を治すには、卵巣活動の活性化させてエストロゲンの分泌量を増加させる必要があります。

  • 生活習慣の見直しをする
  • エストロゲンとアロマターゼ酵素を増やす食べ物を摂取

それぞれの方法について詳しく紹介します。

生活習慣の見直しによる薄毛の改善

生活習慣を見直すことで、卵巣機能を活発化させて薄毛を改善しましょう。
定期的にストレスを発散する
ストレスは気分転換をすることで発散できます。
人により発散方法は異なりますが、旅行、食事、買い物、カラオケ、風呂、運動、マッサージ、泣くなどの方法があります。
また、仕事や対人関係など同じことが基ストレスが貯まっている場合には、ストレスへの基への向き合い方を変えましょう。
これはコーピングと呼ばれるストレスの軽減方法で、感じ方や考え方を変えることでストレスが貯めない生活をおくることができます。
質の高い睡眠をとる
質の高い眠りとは、寝つきが早い、ぐっすり眠る、スッキリ目覚めるの全てを満たした睡眠です。
早くぐっすり寝るには、寝る1時間前に部屋を薄暗くしてスマホやテレビを控えてください。光の刺激を弱くすることで副交感神経の活動が活性化されスムーズに睡眠に入れます。
寝る2時間にストレッチや軽い運動で体を動かすことで深い睡眠ができます。
禁煙
タバコは朝やご飯の後、コーヒー、飲みの席など、脳が条件反射的にタバコを求めます。
タバコを吸いたい欲求は、禁煙の1日目が最も高く、日を重ねるごとに徐々に吸いたい衝動は低くなります。
まずは1日を乗り切ることだけを考えて、毎日辛いでしょうが禁煙を続けて行きましょう。
どうしても口が寂しい人は、VAPEなどニコチンとタールも含まれていない電子タバコがおすすめです。

薄毛の改善効果がある食べ物

薄毛の改善には、コンビニやジャンクフードを控え、バランスの良い食生活を送ることが重要です。

普段の食事に積極的に取り入れたい以下の食べ物を紹介します。

  • エストロゲンに似た働きをする食べ物
  • エストロゲンの分泌を促す食べ物
  • アロマターゼ酵素を増やす食べ物

エストロゲンに似た働きをする食べ物

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た分子構造をしています。

大豆イソフラボンを摂取することで、不足したエストロゲンを補助する働きが期待できます。

以下は大豆イソフラボンを多く含む食べ物です。

  • 豆乳
  • 納豆
  • 味噌
  • 豆腐
  • きな粉
  • おから
  • 湯葉

イソフラボンを含む食べ物のなかで、最もおすすめの食材は味噌です。

味噌は、麹菌がイソフラボンを腸内細菌が吸収しやすい大きさまで分解しているため、大豆イソフラボンの吸収効率が最も高い食品です。

また、大豆イソフラボンは抗酸化作用があります。頭皮を保湿してハリを与えるため、髪の毛の固着力を上げるため、クシやドライヤーといった外部からの刺激による抜け毛の量を減らせます。

エストロゲンの分泌を促す食べ物

ホウ素と呼ばれるミネラルを摂取することで、エストロゲンの分泌を促すします。

  • りんご、なし、もも
  • わかめ、ナッツ、ナツメヤシ
  • 蜂蜜、キャベツ、ぶどう
  • アーモンド、ひじきなどの海藻類

ボロンの1日の摂取量は3グラムで、キャベツの葉であれば1日一枚、リンゴは1個分にあたります。

また、ボロンは熱に弱い性質を持ちます。加熱しない状態で食べることを心がけましょう。

アロマターゼ酵素のもととなる食べ物

アロマターゼ酵素は薬で増やすことができないため、もととなる食べ物を積極的に摂取しましょう。

  • トマト
  • にんじん
  • レモン
  • 納豆

 

女性の薄毛におすすめの育毛剤

体内で生成されたエストロゲンは、頭皮の毛細血管まで届かなければ髪は成長しません。

また、肌と同じように頭皮が乾燥していると、ハリが無くなり髪が抜けやすくなります。

育毛剤で、育毛の促進と、頭皮の保湿に必要な栄養を与えることで薄毛を治療できます。

女性の育毛剤は、敏感肌やオイリー肌の人も使えるデリケートな頭皮にあわせた、無添加の育毛剤「マイナチュレ」がおすすめです。

女性用育毛剤「マイナチュレ」

マイナチュレ公式サイトへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*