通販サイトでプロペシアを個人輸入する危険性と副作用

突然ですが、あなたはプロペシアをどのような方法で購入しようとしていますか?

プロペシアは以下のふたつの方法で入手できます。

  • AGA治療専門クリニックで処方してもらう
  • 個人輸入専門の通販サイトから購入する

 

MSD社(旧:万有製薬)が製造する本家プロペシアは飲む薄毛治療薬として2005年10月に厚生労働省より医薬品として認可がおりています。

そのためプロペシアは通販やドラッグストアで取り扱うことができず、医師による処方でしか入手できないのです。

 

しかし海外でプロペシアは一般医薬品として扱われており医師の処方なしで購入できます。

個人輸入の代行サービスを専門とするオオサカ堂アイドラッグストアーといった通販サイトを利用するとプロペシアは医師の処方なしに購入できてしまうのです・・!

 

なぜ、個人輸入通販サイトでプロペシアを購入するメリットは以下のふたつがあげられます。

  • クリニックで診察を受ける時間と手間が省ける
  • クリニックと比べて安い価格で購入できる

このようにクリニックに行くのが面倒な人や安くプロペシアを手に入れたい人が個人輸入を利用してます。

ちなみにプロペシアはクリニックで処方してもらうと診察料がかかるため10,000円程が相場で、個人輸入だと4,200円程と5,000円近くも安く購入できます。

 

安くて面倒が省ける個人輸入ですがメリットばかりではありません!

 

当ページでは、個人輸入によるデメリットや危険性を紹介します。

今後あなたがどのようにして薄毛の治療を行っていくのか参考にしてください。

 

プロペシアを個人輸入で購入する危険性

薄毛の症状を自己診断してプロペシアを個で人輸入する場合、以下の3つの危険性を理解したうえで服用しましょう。

  • プロペシアの偽物を購入する危険性
  • プロペシアが効かない脱毛症だった場合
  • 副作用や後遺症を発症した際に保証が受けられない

厚生労働省からもプロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起についての記載がある程です。

それではこれらの危険性について詳しく紹介します。

 

プロペシアは偽物が存在する

恐ろしいことにプロペシアは購入者が多く儲かるため偽物が流通しています。

プロペシアの偽物は以下の特徴があります。

  • 有効成分フィナステリドが含まれていない
  • フィナステリドが過剰に含まれている
  • 不純物や害のある成分が含まれている

薄毛治療の有効成分であるフィナステリドが含まれていない偽物のプロペシアはいくら飲んでも効かないです。

逆にフィナステリドが過剰に含まれていると副作用を引き起こすリスクが高まります。

プロペシアの副作用は精力減退やEDで使用者の2割程度が発症しています。

 

また、偽物の薬は劣悪な衛生環境のもと生成されている場合が多く、不純物が混入していたり最悪の場合には体に害のある成分が含まれています。

 

偽物のプロペシアを扱っている個人輸入の代行サイトには本物と同じように「審査機関の承認」「成分の鑑定書」などを捏造し記載しています。

ネットだけでは本物と偽物を区別することはできません。

 

個人輸入を行う場合は冒頭で紹介したような知名度の高く信頼性の高い個人輸入専門の通販サイトから購入しましょう。

 

プロペシアでは治らない薄毛には改善効果がない

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬でそれ以外の脱毛症には効き目がありません。

つまり、AGAではない人が自己診断でAGAと勘違いをしてプロペシアを飲んだところで薄毛は改善できません。

AGA以外の薄毛は以下の種類があります。

  • 円形脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 牽引性脱毛症
  • 薬剤による脱毛症
  • 精神疾患による脱毛症

AGAと似た薄毛になる脱毛症もあるため素人判断では勘違いをしてしまうことがあります。

クリニックでは血液検査などを行いAGAを発症しているか判断をしたうえでプロペシアが処方されるためこのようなことはおきません。

自分には効かない間違った薬を服用してしまうのは、個人輸入による薄毛治療特有の危険性です。

 

副作用や後遺症を発症しても保証が受けられない

プロペシアはホルモンに対して作用する薄毛の治療薬で副作用が確認されています。

しかし、プロペシアを個人輸入をして服用した場合、副作用や後遺症を発症しても保証が受けられません。

 

例えば、フィナステリドが過剰に含まれているプロペシアを服用し続けた結果、深刻な勃起不全に陥ってしまっても、通販サイトや製造元から保証は受けられません。

※個人輸入は自己責任のもと服用することを承諾したうえで購入するため

 

クリニックであれば個人の体質に合わせて最適な育毛剤が処方されるため、後遺症のリスクが低く、万一副作用や体調不良になってもすぐに相談ができ適切な処置が行えます。

 

このようにプロペシアの個人輸入は価格的なメリットは得られますが、品質や体に対して多くの危険性があります。

また、プロペシアのジェネリックも同様のことが言えます。

 

脅すつもりはありませんが、それだけはしっかりと理解したうえで判断をしてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*