脂漏性脱毛症の原因と治し方

脂漏性脱毛症は、フケができることで髪の毛が細くなったり、抜けたりする脱毛症です。

頭皮が痒くて、鱗状の大きなフケがある人は脂漏性脱毛症にかかっている可能性があります。

治療はとても簡単で、皮膚科の処方薬を塗るだけで完治できます。

はじめに脂漏性脱毛症の原因や特徴といった症状について紹介します。

次に、皮膚科での治療方法、最後に予防方法について紹介します。

このページを呼んで、自分が脂漏性脱毛症であることがわかったら、皮膚科に行ってすぐに適切な処置をうけましょう!

脂漏性脱毛症とは

脂漏性脱毛症患者の写真

出典:Belgravia Centre Hair Loss Blog

脂漏性脱毛症とは、脱毛症のひとつ英名はSeborrheic alopeciaです。

皮脂が過剰に分泌されることで黄色っぽい鱗状のフケが発生します。

フケが毛穴を塞いでしまうことにより、髪の毛が細くなったり抜け毛を引き起こす脱毛症です。

脂漏性脱毛症の特徴

脂漏性皮膚炎にかかると以下の症状が現れます。

  • 頭皮のかゆみ
  • 発疹
  • 脂っぽいフケ
  • 頭皮の炎症

皮膚が炎症して、発疹ができて重度のかゆみが伴います。

脂漏性皮膚炎は、肌から皮脂が多く分泌されている状態ですが、実は幹部は乾燥しています。

また、AGAは男性ホルモンのひとつジヒドロテストステロンを原因とした抜け毛に対して、脂漏性脱毛症は炎症を原因としており、全く別の脱毛症で治療法も異なります。

脂漏性脱毛症になる原因

脂漏性脱毛症は、頭皮に棲む信金の一種「マラセチア菌」の増殖が原因です。

マラセチア菌は、常に頭皮に存在する常在菌で普段は害はありません。

しかし、頭皮の皮脂が多くなると、皮脂を餌とするマラセチア菌が大量発生します。

マラセチア菌が皮脂を分解すると皮膚に刺激を与え、炎症を引き起こします。

脂漏性皮膚炎にかかりやすい人の特徴

脂漏性皮膚炎は、皮膚にうろこ状の発疹を起こす皮膚疾患です。

発疹は赤身を帯びており、身体の様々な場所で発症します。

脂漏性皮膚炎患者の写真

出典:https://www.hairlossrevolution.com/seborrheic-dermatitis/

疲労性皮膚炎のメカニズムはまだ明らかになっていませんが、以下が原因であると言われています。

  • 遺伝
  • 健康状態
  • 寒さと乾燥

また、アルコール依存症や、摂食障害、うつ病患者は脂漏性皮膚炎のにかかりやすい傾向にあります。

脂漏性脱毛症を治すサプリ

脂漏性脱毛症の治療には飲み薬と塗り薬の治療が最も効果的です。

治療薬には炎症を抑える化学物質が有効です。

サプリや食べ物には、直接的に炎症を抑える効果がないため、サプリでの治療はできません

ただし、アラバマ大学バーミンガム校のローレン博士によると、以下の栄養素には慢性的な炎症を抑える効果があると

  • ビタミンC
  • ビタミンR
  • ビタミンK
  • リコピン
  • オメガ3脂肪酸

いずれも抗酸化作用をもつ栄養素が炎症を緩和する効果があるとみられています。

脂漏性脱毛症の治療薬

脂漏性日脱毛症は、皮膚科での処方薬で治療できます。

治療には以下の外用薬が使われます。

ステロイド外用薬
ステロイドには、抗炎症作用と体の免疫機能のバランスを正常化させる働きがあります。即効性があり、患部に直接塗り込むことで炎症を抑えます。
ただし、ステロイドには、以下の副作用があるため、長期の仕様はできません。

  • 皮膚を薄くする
  • 毛細血管の拡張
ケトコナゾール外用薬
脂漏性脱毛症の一般的な治療法は、抗真菌作用のあるケトコナゾール外用薬が利用されています。
マラセチア菌の殺菌作用が高く、最も効果の高い治療法です。

まとめ

脂漏性脱毛症は、脂漏性皮膚炎を原因とした脱毛症です。

皮脂の分泌が多くなることで黄色っぽい大きなフケが毛穴に詰まり、抜け毛を引き起こします。

薄毛の治療には皮膚科で処方されるケトコナゾール外用薬が最も効果的です。炎症を治療することで頭皮の状態を健康にもどすことで、再び髪の毛を生やすことができます。

また、脂漏性皮膚炎の治療と合わせて、リアップなどミノキシジル含有の育毛剤を利用することで、早く髪の毛を生やすことができます。

男性の育毛剤ランキング

1位チャップアップ




公式サイトへ

2位FINJIA(フィンジア)


魔裟斗も愛用しているFINJIA

公式サイトへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*